無駄のないスイングを作る方法!

スイングを作るというと、
アドレスはもちろんトップの位置や
下ろしてくるヘッドの軌道など難しい事を
イメージしてしまうかもしれません。

確かにトップの位置も大事ですが、
楽にスムーズに振れる事がスイングではとても大切です。

スムーズに振れると言う事は、
体がクラブの動きを邪魔していないということで
スイングに無駄がないということになります。

その為におすすめしているのが、
ベルトからベルトまでのスイングを行い
スイングをシンプルに作る練習です。

golfer-960911_1920

ウェッジなど短いクラブを使って、
トップはグリップがベルトの位置にくる程度に上げます。

そこから力を抜いてスイングし、フォロー、フィニッシュも
グリップがベルトの位置にくるまでにします。

要は、腕がベルト高さからベルトの高さまで動くという
スイングを繰り返し行います。

余計な動きが入ったり、難しい事をやろうとすると
体や腕が邪魔になりスムーズに振れません。

多少スイングに間違いがあっても
ベルトからベルトまでをスムーズに振れるようになることが、
無駄のないスイングを作ることにつながってきます。

簡単な練習で習得でき、スイングの無駄が無くなるので
是非とも取り組みましょうね。

短いクラブで、ベルトからベルトですからね。

意外と、ベルトからベルトの位置というのは
手で細工をしてしまったり、
当てようと無理な動きになっていたりするものです。

自分が思っている以上に無駄な動きをしている
可能性が高いのです。

この練習でシンプルな動きを覚えこませましょうね。

コツとしては、腕で振るというより、
体の回転を意識すると、楽にそしてスムーズに
クラブを振れますからね。

それではがんばりましょう。