ゴルフスイングで、肩の回転を楽にするコツ!

ゴルフスイング 肩

先週、肩の動きについてお話しましたが、

トライしてみましたか?

その場で立って肩を回転させるだけ!・・・でしたよね。

シンプルで簡単だけどとても重要だよという話でした。

もちろんトライして、出来てるよ!ってきっと認識した事でしょう。

まだやっていないなら是非トライして下さい。

出来て当たり前の事を、実際に自分でやってみて出来ている事を確認しておくのも大切な事ですからね。

そして、次のステップになりますが、肩の回転が大事という事で先週はお話しましたが、実は肩の回転をスムーズに行うには、もう1つのポイントがあります。

ゴルフスイング 肩

そのポイントを意識していないと肩だけを無理に回すという事になり、スムーズなスイングにならない事もあります。

そのもう1つのポイントが、下半身です。

肩をスムーズに回転させるのに、下半身が大事なのです。

肩だけで回転すると、どうしても上半身に力が入ったり、ぎこちないスイングになります。

肩を回す、その為に上半身に力が入ってしまうのです。

そこで大事なのが下半身。

下半身を楽に動かす事で、肩の回転がスムーズに行えます。

下半身の細かな動きは、今回はあまり考えずに肩の回転をスムーズに行う為に、下半身を楽に動かすというくらいでスイングしてみましょう。

ただ下半身を動かすと言っても、何をどう動かせばいいのか考えてしまうと思うので、簡単な方法を1つ紹介します。

それは、体重移動です。

体重移動を行う事でスムーズに下半身が動きます。

その体重移動、下半身の動きに引っ張られるように肩を回転させるイメージです。

そうすると肩だけを無理に回転させようとしなくても楽に回転する事ができます。

また下半身リードができ、スイングに一体感も生まれます。

下半身を使って肩の回転運動を練習する事で、上半身と下半身の一体化ができます。

バラバラに動くのではなく、連動して動いていて、しかもあまり難しく考える事なくスムーズに動くようになります。

ゴルフは練習していると、どうしても上半身だけ腕だけ、手だけ、腰だけ、ヒザだけなどと体のパーツの動きを意識するので、形は良くなってもバラバラになりやすくなります。

このような簡単な動きでスイングに一体感を持たせられるのはとても大切なのです。

腕や手の形が多少間違っていても、上半身と下半身が連動した一体感のあるスイングが出来ていれば、それなりにヘッドは加速し、しっかりボールを打てますからね。

肩だけを正しく回そうとするより、体重移動、下半身、そして肩と1つの連動した動きを意識して練習してみましょう。

もちろん手に何も持たない素振りでいいのでトライしてみましょう。

↓↓↓ まだ100 を切ったことがない、あなたに捧げる渾身の記事

筆者おススメ商品

使った人みんなが大絶賛するボール。
「打感が良い」「飛距離が伸びる」という感想を口々に言います。

しかも安いですから、コスパ最高!
一度試してみて、良ければ継続して使うっていうのもアリですね。

【カッコよすぎるゴルフウェア】
●メンズ

シンプルな格好良さが追求されているポロ

●レディースは可愛いウェアを