ミスを防げる前傾姿勢!

ミスの多くは、「前傾姿勢」に原因がある場合があります。

正しい前傾姿勢を取る事はもちろん、
スイング中に前傾姿勢の角度を変えないようにする事が
大切です。



よく頭が動くとか、起き上がるとか、
反対に沈み込むといった症状は・・・

要は、前傾姿勢が狂うのです。



『前傾姿勢を変えないようにする』というのは
言うのは簡単ですが、実際にやるのは結構難しいものです。



特に難しいのがトップからインパクトまで。



トップから切り返し、インパクトに向かう時も
前傾姿勢の角度は変えてはいけないのですが、、、

クラブを振るという事が最優先されるので
どうしても前傾姿勢が崩れる事が多いのです。



反対に前傾姿勢を崩さないようにという
意識を持ってスイングしていると、案外簡単に身に付き、
安定した軌道で振れるようになります。

golf-player-406007_1280

当たりが悪いというだけでなく、
スイング自体が良くないとか、
軌道がいつもバラバラでミスが多いとか、
あまり「きれいなスイングだね」と言われないようなら
前傾姿勢が狂っている事も考えられるので、
意識してスイングしてみましょう。



前傾姿勢が保たれると、
きれいで安定したスイングに変身します。



落ち着いた良いスイングを前傾姿勢から
身に付けましょう。



頭を動かないようにとか、起き上がらないようにとか、
そう思ってスイングを矯正しようとしても
思うようにスイングは変えにくく、
どうしても力が入り、
ぎこちないスイングになってしまう場合が多いです。



でも、今日の話のように前傾姿勢を保つ事を意識していると、
楽に改善できる場合も多いものです。



それは、新しく何かをしようとするのではなく
アドレスで決めた事をただ守るだけですし、
感覚さえつかんでしまえば、無理なく再現できるので
体に覚えこませるのも楽なのです。



ミスが多い場合は、前傾姿勢をキープする意識で
練習してみましょう。



楽にスムーズにスイングする!

これが大事ですからね。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加