調子が悪い時はボールを見よう!

どうも当たりが悪い!



普段よりスライスする!



当たりが薄い!



力強い球が打てていない!



ゴルフをしていると、いろいろな症状が
出るものです。



そのままその日のゴルフを終了してもいいのですが、
できればすぐに修正して、
普段の良いショットに戻したいところです。



どうも当たりが悪いという時は、
ちょっとしたスイングの変化によって
起こっている場合が多いです。



スイング自体は悪くなったというわけではなく
ちょっとした事で一時的に悪い結果になっているのです。



その一時的に悪い点、その1つがヘッドアップ。



要は、インパクトでボールを見れていないという事。

インパクトでボールが見れないくらい
早く頭が上がってしまっているのです。



自分は大丈夫と思っている人でも
頭に入れておいた方がいいですよ。

sport-745951_1280

例え80台が当たり前に出るような人でも
ゴルフを続けていると、
微妙にヘッドアップして、
ショットが乱れている場合が結構あります。



調子が悪いな、当たりが薄いな、
スライス気味だな、
などと思う場合は、

意識してボールをしっかり見るように
心掛けてみましょう。



超基本ですが、
これで調子が戻る場合もかなり多いですからね。



●ヘッドアップしない、

●ボールを良く見る、

など、
当たり前すぎるくらい当たり前な事ですが、

実は、長くゴルフをやっているとこれが
出来なくなっている事も多いのです。



その結果、ショットが乱れているのですが、
それに気が付かないと、

スイングを矯正したり、

難しい腕の動かし方をしてみたりと、

どんどん自分でスイングを悪くしてしまうのです。



悪い時は、基本に戻る!です。





ヘッドアップしない、ボールを良く見る、

次回の練習で実践してみて下さいね。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加