右手で方向性が上がるスイング!

ゴルフのスイングの基本は左手です。

しかし、右手をうまく使う事で、方向性がUPします。



それは、右手の平をフェース面と見立てると
自身のスイングの認識度が高まるのです。



スイング中、フェースはものすごいスピードで
動いています。

その為、そのクラブのフェース面は知ろうとしても
思うように認識できません。



そこで右手の平を意識するのです。

右手の意識

右手の平をフェース面だと意識すると、
スイング中のフェース面に対する認識があがるのです。



右手だけで軽くスイングしてみて、
インパクトで右手の平が開いているようなら

スライスしたり右に飛んだりしますし、
左を向いているようなら引っ掛けなどが多発するのです。



コツは、右手の平だけを合わせるように振るのではなく
本当にクラブを持っていると仮定し、

ボールを打つつもりでスイングする事です。



意外と多いのがテークバックでフェースが開き、
インパクト付近では手首を返してしまいフェースが
閉じてしまっているケースです。





特に意識しないでスイングをして
フェース面である右手の平がインパクト付近で
真っ直ぐになるように練習を重ねましょうね。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加