安定したスイングの第一歩!

安定したスイングをする為には、
極力、手や腕の動きを抑えた方がいいです。



ただゴルフのスイングでは、
横の動き(回転の動き)と縦の動き(クラブを上げる動き)の

2つのがあり、その微妙な関係がある為に
どうしても手を使ってしまう場合も増えてしまうものです。



だからと言って全ての動きを完璧に行うのは難しく、
またものすごい練習量が必要になるので

一般的には、あまり細かな動きを練習するのは
得策ではありません。





では、


●どうすれば安定したスイングが可能なのか?

●どこを意識すれば安定したスイングになるのか?



という事で、まずはテークバックを意識しよう。



テークバックの最初のところを体の回転だけで
始動するようにしてみましょう。



安定せず手打ちになっている場合、
このテークバックの最初の動作が手や腕だけで
上がっているケースがとても多いのです。



いろいろ細かく、難しい点を治すのもいいですが、
まずはこの簡単でスイングに一体感を持ちやすい
テークバックの最初の動きを意識してみましょう。

golf-83876_1280

素振りの時も、ボールを打つ時も、
テークバックは体の回転で上げてみましょうね。



常に軌道が一定になり、タイミングもリズムも

生まれやすく安定した動きになりますからね。



「スイング」って、感覚で大きく変わってくるものです。

今日のテークバックの意識も、少し意識するだけで
ビックリするくらい安定したスイング、
リズムのいいスイングになる事も多いです。





本当に簡単なので、是非ともトライし、
簡単に安定したスイングを身に付けていきましょう。



簡単だけど大きく上達する基礎となってきますからね。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加