ゴルフで100を切るための、PDCAとその『分析方法』

まだ、ゴルフで100というスコアを達成したことがないあなたへ・・

ゴルフで【100切りのための分析方法】について考えていきましょう。

ゴルフで100を切るマネジメント

あなたが100を切れない時には、何が原因で100を切れていないかを分析したことがありますか?

たとえば・・・

●ドライバーのOBが多かったのか!?

●アイアンショットの精度が悪かったのか!?

といった感じで、「なぜ、100が切れないのか」・・・その原因を考えてみるのです。

と言う訳で、あなたが次回ラウンドをする際には、下記4つのチェック項目をチェックしてみて下さい。

この4つをキチンとチェックすることで、100切りのために何をすべきかが明確に見えてきます。

その1. ドライバーショットのOB数

OBを0回にするのは、いきなりは難しいでしょう。
なので、OBは3発まではOKという基準値を作りましょう。

逆にOBが4発以上出てしまう方は、ドライバーを強化していかなければいけません。

あなたのドライバーのミス、OBの原因は、フックなのかスライスなのかも重要な項目になってきます。

その2. パーオン率

100を切るためには、4回はパーオンしたいです。

ですから、パーオン率が20%を下回る場合は、あなたはティーショットやアイアンショットを集中して練習をすべきです。

その3. ボギーオン率

全てのホールがボギーだった場合、スコアは90になります。
と、いうことは・・・100切り目標では、常にボギーオンでも十分ということです。

ボギーオン(パーオンを含む)は、12ホール以上がミッションということです。



言い換えれば、難しいホールでは、OBを打つくらいならボギーオン狙いでも大丈夫です。
そのくらいの、コースマネジメントの意識をもって臨んでください。

ここのパーセンテージが悪ければ、あなたの弱点は、ティーショット、アイアン、アプローチになります。

その4. パター数

パター数は、36パット以内です。
それ以上、パター数が多ければパターを重点的に練習してください。

ちなみに、100が切れない多くの方は、パター数が40以上の場合が多いです。

アマチュアゴルファーの皆さんは、ドライバーやアイアンの練習は好きですが、パターの練習はほとんどしません。

パターの練習をするだけでも、100を切ることは十分可能なのです。

↓↓ ※参考記事 ↓↓

パターが苦手な人へ!絶対に3パットしない、【パターの奥義】とは??
多くの方がパターがむずかしいと言い、実際にパターでスコアを落としているという現実があります。 しかし、本当にパターはむずかしいのでしょ...



以上の4つのチェック項目で、あなたが何を最も練習すべきクラブが見えてきます。

このチェック項目であなたの弱点を分析し、100切りプロジェクトの練習プログラムで強化してください。

そうすれば、必ず100を切ることができます。

↓↓↓ まだ100 を切ったことがない、あなたに捧げる渾身の記事
ゴルフで100を切るための、リターン確実な投資法は●●●にアリ!
ゴルフスコアが現状 ~130前後の人であれば、3ヶ月で100を切ることはそんなに難しくありません。 十分すぎるほど実現する可能性の高い、現...

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




シンプルな格好良さが追求されているポロ



●レディースは可愛いウェアを

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加