【実践的手法】スライスをドローに変化させる、簡単なトレーニング法とは?

ここ20年くらい、プロゴルファーたちのドライバーの飛距離の伸びはハンパないです。

PGAツアーの選手の平均飛距離を見てみると…、

1995年・・・289.0ヤード


2000年・・・301.4ヤード


2005年・・・318.9ヤード



そしてこの10年ほどは、飛距離にも、フェアウェイキープ率にも大きな変化は見られません。

つまり、ドライバーとボールの進化により、この20年ほどの間に実に30ヤード近くも平均飛距離がアップしているのです。

ドローボールを打つドライバー



この飛距離アップに伴い、コース設定も大きく変わっています。

4大メジャーの1つ、「マスターズ」が開催されるオーガスタナショナルゴルフクラブでは、1997年大会でタイガー・ウッズ が2位に12打差をつけ、ぶっちぎりのスコアで優勝した年は・・・

全長が 6,925 ヤードだったのに、

2000年には、それが6,985ヤードへ、

さらに、2001年から 2005年の間は、7,270 – 7,290 ヤードまで伸び、

そして2006年に、現在の 7,445 ヤードのコースになったのです。



たかが10年の間に、500ヤード近く伸びたことになります。

ドライバーとボールの進化によって、選手たちの飛距離が大きく伸びたため、コースセッティングも伸ばさざるを得なくなったのです。



このように、ドライバーとボールの進化によって、PGAツアープロの飛距離が大幅に伸びている中・・・、

あなたの飛距離はどれくらい伸びたでしょうか?



一昔前よりもクラブやボールは大きく進化し、断然飛距離が出るようになっているにもかかわらず、あなたの飛距離はほとんど伸びていないのではありませんか?

「ギアの進化による飛距離アップ」と

「歳をとった分の飛距離ロス」を相殺して、

若い時と飛距離が変わらないならまだしも、どんどん飛距離が落ちてきていませんか??



PGAのツアープロたちも20年前と現在では、「スイング」は大きく変わっってはいません。

20年前と現在で大きく変わったのは、ドライバーとボールの性能です。

ですから、あなたも大昔の道具を使っていない限り、「もう若いころのようには飛ばない」と飛距離を諦める必要はないのです。

飛距離アップをもくろみ、失敗の先に待っているものとは?

しかし…、飛距離アップは、そう簡単ではありません。

やみくもに、ヘッドスピードを上げようとして、力任せに「素振り」をすると手首などを痛める可能性もあります。



また、見よう見まねでスイングを改造し、飛距離を伸ばそうとした結果、フォームがめちゃくちゃになり、、、

最悪の場合、腰などを痛めてしまう人も少なくありません。



飛距離アップは、正しい方法で行わないと「回り道」どころか、ゴールにすら、たどり着けないこともあるのです。

誰も「回り道」なんてしたくないと思いますし、故障することなんて誰も望んでいないと思います。


球筋がスライスからドローに変わる、画期的な練習ドリル法とは?

「なんでアイツより飛ばないんだ!?」

「なぜおれよりパワーのないアイツにドライバーの飛距離で負けるんだ?」

「一度でいいからゴルフコンペでドラコンを獲りたい!!」

・・・あなたはこんな気持ちになったことはないでしょうか?



「ゴルフは飛距離ではない」とは言いながら、いつの時代も、いくつになっても、
ドライバーの飛距離への憧れは変わることはないでしょう。

ならば・・・

「飛ばし」にフォーカスしたレッスンで、ドライバーの飛距離アップのコツをマスターしてみたいと思いませんか?


スライスをドローに変えることは、そんなに難しいことではない

飛距離が伸びる理由を、単刀直入に言いますと…、

●スライスボールを矯正する

●ヘッドスピードを上げる

・・・シンプルに、ただこれだけです。

ドローを放つドライバーショット



もちろん、最大限に飛距離アップを図るには、

●ミート率を上げる

●打ち出し角度を最適化する

などなど、やるべきことはありますが、アマチュアゴルファーが飛距離をロスする最大の原因は、【スライス】です。

ですから、スライスを矯正するだけで、簡単に飛距離アップが図れます。



さらに、飛距離アップに効果抜群なのが、【ヘッドスピードアップ】

ヘッドスピードがアップすれば、それだけで、「当たれば飛ぶ」ことが実現します。

もちろん、ミート率が悪ければ飛距離はロスしますが、同じミート率なら、ヘッドスピードが速い方が飛距離が出るのは言うまでもありません。



単純明快!

ヘッドスピードが上がれば、それだけで飛距離が圧倒的に伸びるのは事実です。



手っ取り早く飛距離アップを図りたいなら、

「スライスを矯正し、ヘッドスピードを上げよう」

・・・これに尽きるということです。



そのように飛ばしのコツを覚えたその後は・・・
あなたの世界は30ヤード先へ広がります。

スライスをドローに変えて、ヘッドスピードを上げることができれば、誰でも、未体験ゾーンの世界を覗くことはできるのです。



せっかくゴルフをやっているのです。
ゴルフの魅力は、飛距離だと本心では思っているのではないですか?

飛距離アップのコツをあなたのスイングに取り入れて、次回のラウンドではライバルの「アイツ」をオーバードライブしちゃってください!

>> ドロー飛距離アッププログラムのトレーニング方法とは?? <<





↓↓↓ まだ100 を切ったことがない、あなたに捧げる渾身の記事
ゴルフで100を切るための、リターン確実な投資法は●●●にアリ!
ゴルフスコアが現状 ~130前後の人であれば、3ヶ月で100を切ることはそんなに難しくありません。 十分すぎるほど実現する可能性の高い、現...

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




シンプルな格好良さが追求されているポロ



●レディースは可愛いウェアを

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加