飛距離UPの為のスタンス!

ゴルフで飛距離というのは魅力がありますよね。



「誰よりも飛ばしたい」と考える人は
思ったよりも多いかもしれませんね。



ただ「飛ばせばいい」って訳ではない事はわかっていても
飛ばないよりは、飛んだ方が気持ちがいいものです。





ではどうやれば飛ぶのか?



多くの人が間違っていますが、
強く叩けば飛ぶわけではありません。



正確に言うと、強く叩こうとするだけでは
飛ぶようになるわけではありません。



大事なのは、本当に強く叩けるようになる事です。



飛ばしたいからと強く叩こうと
手や腕に力を入れても
実際にインパクトでヘッドスピードは上がらないのです。



でもそれを実感できていない人が多く、
「飛ばしたいからと強く叩いているのに飛ばない」

と訴える人が多いのです。



ヘッドスピードを上げる!



飛距離を求めるなら当たり前の事ですが、
これをしっかり頭に入れておく事が大事です。

golfer-660584_1280

ヘッドスピードを上げる1つの方法が、
スタンスの幅を広く取るという方法です。



普段は肩の幅くらいにアドレスしていると思いますが、
もう足1つ分くらい広くしてスタンスをとってみましょう。



スタンスを広くすると、それだけで安定感が増します。

安定感が増すという事は、強く速く振ろうとしても
軸がブレずに支える事ができるので、

ヘッドが加速しやすくなるのです。



ヘッドスピードを上げるには、難しい方法もたくさんありますが、
まずは簡単な事をトライして、飛距離UPにつなげていきましょう。



飛ばしたいと思うなら、まずはスタンスを広くして
スイングしてみましょうね。



スタンスを広くすると、そのスタンスの中で
軸がブレる場合があります。



そうならないようにスタンスを広くしても
しっかりと回転運動を心掛けましょう。



軸がしっかり出来ている中で回転運動が行えれば、
楽にヘッドが走るようになり飛距離につながります。



でもあまり大げさにやると
スイングのバランスが悪くなる場合もあるので、
あまり無茶はしない程度にしましょうね。



ほんの少しスタンスを広めにし、
楽に振り抜けるように心掛けてみましょう。



注目!ゴルフでも大事な背筋!

あなたは、背筋がピンと伸びていますか?

正しい姿勢で立つ事で肩や腰の負担を軽減し、
猫背も矯正できるのが「背筋ベルト」です。



医師監修の「背すじベルト

背筋がどうも曲がりがちという方は、是非どうぞ!

↓↓ゴルフプレイ中におススメ↓↓






それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加