コースでスライスを治す 『ある方法!』

スライスの原因はいくつもあります。

その中で今日はラウンド中や練習している時に
徐々にスライスが出てきた時に
とっておきの治す方法を ~ 1つ ~ 紹介します。



普段はそれほどスライスが出なくても
疲れてきたり、ラウンドなど長い時間ゴルフをしていると
スライスが出てくる場合などは、
体が固くなっている可能性があります。



体が固くなりトップでの肩の回転が浅くなり
それが原因でスライスになっていくのです。



肩の回転が浅くなる事で、長いクラブはスライスになりやすく
短いクラブは左に引っ掛かる傾向が強くなります。



スライスが出るようになったら、肩の回転を疑い、
トップでしっかり回す意識を持ちましょう。

golf-858974_1280

ただ体が固くなっている場合も多いので、
こういう時はまず「ストレッチ」をしましょう。



コースでスライスを治すある方法、

それは・・・
超簡単ですが「ストレッチ」です。



ストレッチをする事で、本来の肩の動き、
本来の体の動きに戻るので、
スライスが治る場合が多いのです。



ストレッチだなんて、身もふたもないことに聞こえてしまうかもですが、
自然にスイングを矯正でき、
本来の実力を発揮できるポイントにもなります。



ちなみにストレッチの方法ですが、
肩を深く回したり、腕を伸ばしたり、
肩甲骨を伸ばしたりするのがいいですね。



左素振り(レフティーになったつもり)をする事も
肩のストレッチには効果的なのでやってみましょう。



左素振りはもちろん勢いよく振るわけではなく、
ゆっくりそしてしっかり体を伸ばすつもりで
スイングしてみましょう。



ストレッチは普段から行う事で、
どこに効果があるのかを自分の体と相談しながら
行えるようになります。



練習の時だけでなく、普段の生活の一部として
ストレッチを心掛けましょうね。



体が固くなってスライスが出ると表現しましたが、
これが続くと、当たりが悪い事で手で合わせるようになり、
手で合わせる事で他のミスも出るようになります。



特にアイアンでは引っ掛けが多くなったり、
ダフリやトップなどというミスも多発するように
なったりもするのです。



これを引っ掛けが出たからとスイングを変えようとしたり、
ダフリが多くなったからと、体に力が入ってしまうと
本当にスイングが壊れていきます。



そういう時に今日の話を思い出して軽くストレッチをして
本来のスイングができる状態に近づけると
スイングも戻り、ミスが減る場合も多いのです。



誰でも知ってるストレッチ、
でもそれをやる事でスライスや、
その他のミスを治す方法にもなるのです。



ストレッチの話は少し前にもしましたが
普段からやるようになりましたか?



調子が悪いからと思い出したようにやるのではなく
普段からストレッチをする習慣を付けておきましょうね。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加