弱々しい球を打つのは、もうやめよう!

いくら振っても勢いのあるボールにならない、
いくら強く叩きにいっても飛距離につながらない、
そう思っている人も多いかもしれませんね。



そういう場合は、スイングのどこかで力が逃げていて
しっかりとボールに力が伝わっていない可能性が高いです。



そして、その原因の1つに左肩があります。



トップからインパクト、フォローにかけて
左肩が上がってしまうのです。



左肩が上がってしまうとスイングで得ようとしている
遠心力が急激になくなり、ヘッドが走らなくなります。



左肩から力が逃げるのはもちろん、左肩が邪魔になり
スイングを急激に止めてしまうのです。



左肩だけをみて素振りしてみましょう。



手に何も持たずに左肩がスムーズに回転しているかを
チェックしましょう。

golf-619504_1280

インパクト付近で左肩が上がっていませんか?



またインパクトで体が伸び上って
左肩が大きく上がっている場合も多いです。



大丈夫ですか?



もし左肩が上がっている場合は、
右手を左肩においてゆっくりスイングし、
左肩を上げずにスイングする感覚を養っていきましょう。



スイングでは回転運動が大切という話は
ずっとしてきていますが、

今日の話も回転運動を意識し、
そして丁寧に回転する事を心掛けていれば
特に問題なくスイングできます。



ただ意識して取り組まないと、
スイングは、

テークバックしたら後はほんの一瞬で
振り切るところまでいってしまうので、
気が付かないうちに左肩が邪魔してしまうのです。



回転運動を強く意識、
そしてゆっくり体を動かして
本当に回転運動が行われているかをチェックしましょうね。



簡単でシンプルな話なのですが、
意外と出来ていない人が多いですからね。



自分のスイングを知る事にもなるので
左肩をチェックしてみましょう。



左肩がちゃんと回転している事を体感し、
そして繰り返し練習に取り組み、
しっかりと身に付けましょうね。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加