ショットを打つ前からミスが決定している【グリップ】とはどんなもの??

ミスショットを打ってしまった時には・・・
どこに原因があるのか、それを追及する事はとても大切です。

でも、「結局わからない」と結論づける事も多くないですか?



「なぜミスショットをしたのか全然わからない」
・・・そういう時は、グリップを疑ってみましょう

グリップの形ももちろん大事ですが、それよりも力加減を疑うのです。

ミスショットが出てしまう一番の理由とは?

ゴルフでのミスショット



ミスをする時というのは、いつも以上にグリップを強く握っているケースが多いです。

「ナイスショットを打ちたい」、「飛ばしたい」、そういう気持ちが強く出てしまうと
どうしてもグリップを強く握ってしまうのです。



グリップを強く握ってしまうと腕にも力が入り、スイング自体が窮屈になります。

ほんの少しグリップを強く握るだけで、スイング自体がぎこちない動きになるのです。

しかし、自分では力の入りすぎに気が付かないのです。

まぁ、それが気づけるようになれば、もはや一流のゴルファーなんですけどね。

ところで、「練習では上手に打てるのに、コースに出るとミスが多い」という話をよく聞きますよね?

これは、まさにコースでプレイしている時は、【グリップが強くなっている】
ケースがまず考えられます。



練習ではたくさんボールを打っているので、余計に力が入る事が少ないので、
上手く打てる。

でもコースだと、1球1球全てにおいて絶対にナイスショットを打ちたいと力んでしまい、
どうしても力が入ってしまうのです。

これを知っておくと、常に、「力が入っていないかな」と自問自答できます。

それだけで気を付けられるので、未然にミスを防ぐ事につながるのです。

今回のまとめ

【グリップを握る強さ加減】・・・ショットを打つ前には、常に意識してみましょう。

スイングの形ばかりを見る人が多いですが、意外と、ほんの少し力が入っている、だからミスショットが出てしまうなんて場合が多いです。

また、素振りでは大丈夫でも、ボールがあるとどうしても力が入りミスになるのです。

なので、毎日の練習から意識し続けるしかありません。

何度も言いますが、グリップは軽く握るだけで大丈夫です。力を入れ過ぎて、良いことなど一つもないですから。

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




シンプルな格好良さが追求されているポロ



●レディースは可愛いウェアを

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加