ドライバー、アドレスで●●●に注意すれば、ちゃんと真っ直ぐ飛ぶ!!

ドライバーは真っ直ぐ、そして何より満足する飛距離を打ちたいものです。

そう思って、しっかり打てるように練習をしていると思いますが、
この意気込みが逆効果になるケースが多いのです。

ドライバーが苦手、という人は、この点に注意しないといけません。

アドレスが間違っていると、ショットすべてが台無しに

ドライバーショットのコツ



ドライバーで曲がる人の多くは力が入りすぎる事で、ヘッドの軌道が不安定になり
その結果、曲がるという場合がとても多いのです。

【力を入れない!】

・・・こんなことはよく聞くし、言われなくてもわかっているよ、となるかも知れません。
ただ、この言葉が指しているのは『腕や手だけの話』であると考える人が多いのです。



確かに腕や手に力が入るとそれだけでミスショットになるのですが、
実はその前に、そもそもミスショットになることが決まっている場合もあるのです。

それがアドレスです。
アドレスで力が入っていると、それだけでミスショットにつながります。

準備で間違えていたら、本番もうまくいきっこない・・・

考えてみれば、当然ですよね??



アドレスで間違いをおかしていること、、、それはつまり、打つ前からミスになりそうな状態を作っているという事なのです。

これ逆に考えてみましょう。

アドレスとはショットを打つ前なので、いくらでも矯正でき、それによりナイスショットが増えるのです。

アドレスでは、どの部位の力を脱力するのか??

では、アドレスのどこに力が入っていると良くないのでしょうか?

それは、腕や手はもちろんですが、意識すべきはですね。

●肩に力が入っていませんか?
●肩に力が入って上がっていませんか?

さらに言うと、

●アドレスした時に、肩がしっかり脱力出来ていますか?

●肩の力を抜いて、肩をしっかり下げられていますか?



結論としては、肩の力を抜いて脱力できれば、肩から先の腕や手も余計な力が抜け、
自然体のアドレスになるのです。



さぁ、あなたのスイングで肩はどうなっていますか?
まずはチェックしてみてください。

脱力の感覚がつかめない場合は、一度思いっきり力を入れてみましょう。

なりふり構わず、肩に力を入れて上げてみましょう。
そして、一気に力を抜いて肩を下げましょう。



これをやる事によって、力を抜く感覚がわかってきますし、肩を下げるという大切なプロセスもできちゃいます。

練習の時は、肩に力が入っていなくても、コースに出た時には、肩に力が入ってしまう
場合もあります。

また、徐々に力が入ってしまい、肩が上がる人もかなり多いです。

コースだとミスが続いたりするとミスしたくないという思いが強くなり
肩に力が入ってしまうケースも多いです。

「ミスしたくない」、「ナイスショットを打ちたい」、「誰よりも飛ばしたい」

・・・あなたがそう考えれば考えるほど、肩はしっかり脱力するのが吉です。

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




シンプルな格好良さが追求されているポロ



●レディースは可愛いウェアを

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加