パターの上達に欠かせないコツ!

パターはよく入りますか?

それとも入らない?



パターでの悩みのメールで多いのが 「 距離感 」 です。

長い距離のパットが多く、パット数が増えるというものです。



確かに、
長い距離ばかりのパットが多いとパター数も
増えますよね。

いつも15m、20mのパットが残っていたら、
3パットも増えてしまうものです。



では、パターで悪いのは距離感だけですか?

距離感さえ上手く打てれば、バンバン入るようになりますか?



パターって、意外と狙った方向に打てていない場合が多いです。

多くの場合、
大体カップの方に打てていると思っているかもしれませんが、
ショットと違って、
パットは数ミリの違いで入る入らないが変わるものです。





だから狙ったところに正確に打てるようになる事
とても重要なのです。



本当に狙ったところに寸分狂わず打てていますか?

10m先ではなく、目の前、
ボールから30cm先に目印を見つけ、その目印に向かって打つ。



30cm先くらいなので、
何球打っても全てのボールがその目印を通る、

・・・ これが当たり前に思えるかもしれませんが、
それくらいの精度は必要です。



実はいつも狙い通り打てていると、1mとか2mのパットは楽に入るので、
ロングパットが残っても意外と苦ではないのです。

golf-332935_1280

「本当に悪いのは何なのか?」

これはゴルフにおいて重要な思考なのですが、
パッティングについても自分を見つめてみましょうね。



見つめるだけでも、上達できます。

見つめる事で悪い点が少しわかってきます。

悪い点がわかると自然と意識するようになるので、
上達につながるのです。



パターが得意になる!までとはいきませんが、
苦手を克服する大きな1歩にはなりますからね。



いつも長い距離のパットが残って、
それが原因でパット数が増えると思っている人ほど、
自分のパットについてわかっていない事が多いです。



1つの悪い点があると、他の悪い点が見えなくなります。

見えなくなるというより、見なくなるのです。



これはパターだけではないのですが、
ショットでも同じような事があるのです。



スライスする人は、スライスばかりが気になりますが、
もっと悪い点がスイングにある場合も多いのです。



まずは自分のパッティングを知りましょう。

しっかりと上手くなっていきますから。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加