簡単!アプローチのミスを減らす

今日お話しするのはアプローチ、特にグリーンまわりのアプローチの

コツについてですね。

(済)アプローチ

グリーンのすぐ横、グリーンエッジや花道や

その周りくらいからのアプローチは、グリーンに乗せるだけでなく

できればピンに寄せたいアプローチです。





しかしそう思う気持ちが強いとトップしてグリーンオーバーになったり

ザックリしてしまい、数十センチしか前に飛ばなかったとなる場合も

多いものです。







こういう短いアプローチを打つ時の基本が、

左足体重です。







短いアプローチは、体重移動しないで、

最初から最後まで左足体重をキープすると

楽に打てるようになります。







短いショットで体重移動を行うと、微妙に軸がブレたり

またタイミングが取れなくなり、ヘッドが正しく加速せず

ピシッとしたインパクトになりにくいのです。







ヘッドがしっかり加速しないで手で合わせるようになるので

ザックリが出やすくなってしまうのです。







本当に短い距離を打つだけなので、

極力ミスが出やすい動きは無くしていきたいものです。

そこで大事なのが軸がブレにくくなる左足体重なのです。







練習方法は、ほぼ左足1本で立って打ちましょう。

左足1本だけになると打てないので、右足はつま先だけで

立つようにして、「ほぼ」左足で立っている状態で

打ってみましょう。







「右足はつま先立ちにして、左足体重をキープする」







簡単だけども、効果は高い練習です。







アプローチの練習は少なくなる傾向にありますが、

これだと素振りだけでも練習になるので、

振る回数を増やして左足体重の軸がブレないアプローチを

打てるようになって下さい。





左足体重にしていても、回転運動ができていないと

思うようには振れません。





アプローチにおいての回転運動の重要性については

次回以降お話する予定ですが、左足体重で打つ時も

しっかり回転運動は意識しましょうね。





どのショットでも楽に安定して振れるようになるので

本当にゴルフが簡単になります。





意識して練習しましょうね。



スコアの良い人で、アプローチが下手な人ってはほぼいません。

アプローチをもっともっと練習して、上達しましょうね。







それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加