セカンドでグリーンに!パーオンをするコツは●●●に気をつけろ!

あなたはセカンドショットを打つ時、どのような気持ちで打っているでしょうか?

ドライバーでまあまあな所に打てた、だからこそ絶対にセカンドでグリーンに乗せたいところ。

・・・さあ、ここで何を考え、どうやって打っているか?
イメージしてください。





まずティーショットがある程度当たり、セカンドでグリーンを狙えるとなると
緊張もしますし、乗せたいという気持ちにもなりますよね。

そんな時、どう考えるのが正解で、どうすれば実際にグリーンに乗せる確率が良くなるのか?



ピンの場所を見て、グリーンのどこに打てばいいのか?

右サイドなのか左サイドなのか、など考える事でしょう。

またバンカーの位置やグリーン周りの地形なども考慮にいれて、どう打つかをイメージしますよね。

これらは間違いではありません。

ただあまり細かく考えてしまうと、それがプレッシャーになります。

セカンドでパーオンさせるための思考法

例えば、8番アイアンで、130y先のグリーンを狙うとします。

グリーンの左手前にはバンカーがあり、グリーンの右は深いラフがあり、ピンは左側にある。

狙いとしては、左手前のバンカーはイヤなのでグリーンセンターから右に打ちたいと考えます。

これは正解ですが、難しくないですか?



130yを寸分狂わず打てるなら、この考え方を実行することは正解ですが、精度の高いショットが打てないと、プレッシャーにしかなりません。



じゃあ、どうするか??

狙いは、グリーンのど真ん中
まずは、これが基本です。



グリーンを狙うと思ったら、いろいろ考えてしまうものです。

そういう時は、何も考えずに真ん中だけを狙って打ちましょう。

ゴルフの格言(?)で、
「グリーンセンターがいつもピンに一番近い!」
なんて言葉もあるくらいです。



ただ真ん中を狙うと考えると、ターゲットが点になるので難しいイメージになるかもしれません。

そういう場合は、グリーンの幅の全てをターゲットにしましょう。

グリーンの幅は10~20mくらいあるので、ものすごく広いエリアがターゲットになります。



グリーンの右の端はどこで、左の端はどこで、その間は、これくらいの幅があるんだな!と
しっかり見るのです。

これだとものすごく楽な気持で打てるようになり、プレッシャーを感じる事もないので
ミスも出にくいです。



これはセカンドショットだけでなく、アプローチの時など、グリーンを狙うショットの時はいつでも有効です。

ちょっと視点を変えるだけで楽に打てるので、コースで使ってみましょう。



コースでいきなりイメージしてもピンとこないので、まずは練習場でグリーンの幅をイメージして打ってみましょう。

たとえばですが、
120yの看板を狙うのではなく、左のネットから右にある120yの看板までがグリーンの幅だと想定して打つ。

そうやって考えたら、とても楽に打てませんか?

これをしっかり練習しておきましょう。
コースでの実戦で使えるようになりますから。

筆者おススメ商品


ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール。このボールのおかげで、ミート率が極端にUPすること間違いなし!!

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




シンプルな格好良さが追求されているポロ



●レディースは可愛いウェアを

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加