スライスは、左肩の●●●に気をつければカンペキに防げる!!

初心者のうちは、どうしてもスライスしてしまうことが悩み、、、

そんなゴルファーの方も多いでしょう。





また、スライスの曲がり自体は少なくても、軽くて高い球筋になったり、勢いのないボールになったりしていないでしょうか?

いわゆる“つかまっていないボール”になるとスライス系のボールになり、飛距離も、
勢いもあまり出ないボールになってしまいます。



もし、現在の球筋がそんな調子でしたら、インパクトで【左の肩がどう動いているか】
チェックしてみましょう。

左肩のチェックポイントでスライスが改善される

インパクトで左の肩が開いていないでしょうか?

スライスが多い人は、飛距離がそもそもあまり出ません。

そのため、強く、速く振ろうとして力みが生じてしまい、左肩が開いてしまう傾向にあります。

インパクトで左肩が開いてしまうと、フェースは開き気味になるので、その結果、自然とスライスが出ます。



またフェースがしっかりと閉じていないために、力が逃げてしまい球筋も高くなります。

人によっては、一生懸命スイングしているのに力のない弱々しいボールになる人も多いのです。



では、この左肩が開く動きを防ぎたいところですが、だからといって無理に開かないようにするのはあまり得策ではありません。

何故なら、無理に左肩を開かないようにすると体の動きが止まってしまいスムーズに振れなくなり、ヘッドの軌道もインパクト自体も不安定になってしまいます。



そのために意識しなければいけないことですが、切り返しで、左肩をボールに近づけるイメージを持ってスイングしてみましょう。

「インパクトで左肩が開くから」と、インパクトでの動きを矯正するのではなく、
切り返しの一瞬を矯正するのです。

切り返しの時に左肩を一瞬ボールに近づける意識を持つだけで、左肩が上がることを自然と抑え、結果的にインパクトでも左肩が開くことがなくなります。


スライスを防ぐスイング・・・まとめ

上記で説明させていただいた動きを習得するために、もちろん練習は必要ですが、もし、左肩が開いてスライスが出る、飛距離が出ない、球筋が弱い、などの症状があるようでしたら、積極的にトライしてみてください。

切り返しの一瞬を意識するだけで、副産物的に前傾姿勢も保たれます。

これはとても良い兆候で、実際のところ球筋が安定しない人は、前傾姿勢も崩れやすいです。

その原因は上半身が余計な動きをするからなのですが、それも自然と抑えられます。



まとめると・・・

切り返しで左肩をほんの少しボールに近づけます。
感覚としては、左肩をボールに向けるような感じです。

まずは素振りで何回もトライしてみてから、ボールを打ってみてください!

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




シンプルな格好良さが追求されているポロ



●レディースは可愛いウェアを

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加