フェアウェイウッドは難しくない!FWが得意になる練習法とは?

フェアウェイウッドが打てれば、ロングディスタンスで2オンを狙う事が可能となります。

また、長いホールで距離を稼ぎたい時なども、どんどん活用できるようになります。

ただし、フェアウェイウッドのような長いクラブは、正確に打つ事が難しいのも事実です。
そもそも、「当たらない」といって敬遠している人、セッティングに入っていない人も多いのではないかと思います。



しかし、しっかりと練習すれば、基本は【ウッド】なので、実は打ちやすいクラブなのです。

長いクラブの目的は「飛距離を出すこと」・・・失敗の原因は、この目的に捉われすぎて大きく振ってしまうこと。

つまり、大きく振ってしまうと当たる確率が低くなるので、皮肉なことに飛距離を出すという目的からは離れてしまうのです。



まずはコンパクトに振るように心がけることが大切です。



それでも、コンパクトに振るだけでは飛距離が出せないと考えるかもしれません。

そう、ただコンパクトに振るだけではなく、鋭く振りぬくことが大切です。

鋭く振るとは、【インパクトでヘッドがシャープに加速】しないといけません。

これを常に意識しましょう。


フェアウェイウッドが得意になる練習方法

さて、FWの具体的な練習方法ですが、高いティーで低いボールを打ちましょう

フェアウェイウッドなので、本来だとティーを低くして打ちますよね。

しかし、まずはスイングづくりと割り切ってください。
鋭くシャープなインパクトを作るために、ティーを高くして打ってみましょう。



ドライバーを打つのと同じくらいの高さで、ティーで打つ練習をします。

そして、ハーフスイング程度でいいので、低いライナー性の当たりを打ちましょう。

前傾姿勢が崩れたり、振り上げてしまうと打てません。鋭いインパクトをイメージして、フォローを低く出してみましょう。

これが出来るようになると、どんな場面からでもフェアウェイウッドが打てるようになります。

また、しっかりと飛距離も出るようになるので、コースで活躍できるクラブになります。低い球を打つイメージを持つだけでも、良いボールを打てるようになります。

フェアウェイウッドは元々ヘッドが滑るので、あまり正確にインパクトを作らなくても大丈夫なのです。

高いティーで打つのが難しければ、最初は低めのティーでのいいのでライナー性の当たりを意識してみましょう。

このような感じで、是非、練習場でトライして下さい。

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




シンプルな格好良さが追求されているポロ



●レディースは可愛いウェアを

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加