【FW】フェアウェイウッドでトップしない秘訣は、●●●って知ってた?

距離の長いセカンドショットやロングホールのセカンドなどでは、
普通であれば、【フェアウェイウッド(FW)】をチョイスすると思います。



もちろん男性も使いますが、女性はどうしてもドライバーの飛距離があまり出ないので、
頻繁にフェアウェイウッドを使うのではないでしょうか?



さてさて、何故フェアウェイウッドを使うのか?

もちろん飛距離を出したい場面で使う事が第一の目的になります。



ただ、よく考えてください。
その、まさしく「飛ばしたい」という思いが強くなりそれがミスに直結するのです。

フェアウェイウッドでよく起こるミス

フェアウェイウッドのミスで多いのがトップです。

もちろんダフリなどもありますが、ウッドなので多少ボールの手前に入っても
ソールが滑り、大きなダフリにはならずにボールをヒットするケースが多くなります。





それよりも「飛ばしたいから」としっかり振るのに、トップしてしまいゴロになったり、
低い弾道になり飛距離が出ないというパターンが多いのです。



では、考えてみましょう。
「どうしてトップするのか?」



・・・その理由は、飛距離を出したいために振り上げてしまうことに拠ります。
また、ヘッドアップが早くなったりすることも大きな一因です。

フェアウェイウッドでトップを防ぐコツは?

ならば、どうすればトップを防げるのでしょうか?

これは1つ簡単な方法があります。
トップする人は、インパクト付近で【お腹が上を向く傾向】にあります。

上を向くといっても全く上を向くわけではありませんが、
お腹が地面を指していない状態になってしまうのです。



フェアウェイウッドなどの長いクラブだと
どうしてもそうなりやすいのです。

そこで、
お腹を地面にぶつけるつもりでインパクトしてみましょう。

そうすると体が起き上がる事がなくなり、インパクトでしっかりボールを叩けるようになります。

●インパクトでお腹を地面に向ける
●インパクトでお腹を地面にぶつける

・・・自分のイメージが良い方でいいので、意識してボールを打ってみましょう。



ほんの少し意識するだけで、ヘッドアップする事なく
しっかりとボールをヒットできるようになりますよ。

これは、指導していて一番効果のあるアドバイスでしたね。



短いクラブだとお腹が上を向く事はほぼないですが、
長いクラブだとお腹が地面を向かなくなります。



これはドライバーなどでもそうなので、「ドライバーでトップがよく出るな」という場合は
このお腹への意識を持って打ってみましょう。

トップのミス修正は意外と簡単で、
あっさり治って、しっかりとしたインパクトで打てるようになるから驚きです。

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




シンプルな格好良さが追求されているポロ



●レディースは可愛いウェアを

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加