【スイングのコツ】顔の向きを意識し安定したスイングを作ると、100が切れる!!その練習法とは?

スイング中に頭が上下動するのは良くありません。

こんなこと、ゴルフをする人ならば誰でも知っていますよね。

「トップで頭が上がらないように、また、切り返しからインパクトで頭が下がらないように」なんてレッスンプロからは始動されるかと思います。



さて、ここでワンポイントアドバイスです。

頭の高さをただただ変えないだけではなく、顔の向きも意識するとスイングは良くなります。


練習時に、フォーム作りのために心がけることとは?

トップの時に顔がトップの方向、つまり右を向いてしまい切り返しからインパクト、フォローにかけて顔が左・・・つまり飛球方向を向くようだと、スイングの軸がブレやすくなります。

これは、トップを意識していると、どうしてもスイングの右側・・・つまりテークバックやトップ、切り返しが気になってしまい、顔が向いてしまうのです。



そして、それが当たり前になってしまい特に意識しないでも、右を向いていたりするのです。

もし、顔の向きが変わっているなと思う場合は、アゴを意識してみましょう。



アゴを常にボールに向けるような意識を持つのです。

スイング中のアゴは、引きすぎると上半身に力が入り窮屈になり、反対にアゴを突き出すと、今度は頭が下がります。
だから適度なところで収める事が大事です。



アドレスしたら、アゴが軽くボールに向いているイメージを持ちましょう。

無理に突き出すわけでもなく、引きすぎるわけでもなく自然に構えてアゴでボールを意識する程度でいいでしょう。



スイング中にこの意識があると、トップで顔が右を向いたり、流れたりする事を抑えられます。

常にアゴがボールを見ているという感じです。



こうするとトップで多少きつく感じられるかもしれませんが、軸をしっかりキープでき
安定した回転運動を行えるようになるのです。



練習の時にアゴの向きをちょっと意識すると、それが大きな改善につながるかも知れません。

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




●レディース

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加