強く振ろうとするほどスライスが出る!!

ゴルファーにとって、スライスはいつも悩みの中心です。

多くの人が、多くの原因でスライスに悩んでいます。



(済)スライススイング



スライスが治れば!って練習をがんばっている人も

かなり多いのではないでしょうか。







また、スライスが出るのが当たり前で、

スライスを治すというより、スライスする事を計算に入れて

練習やコースで打っている人も多いですよね。







ただスライスが出るにして、飛距離もしっかり出ている

スライスならいいですが、多くの場合スライスする人は、

飛距離もかなり落ちています。







人によっては、かなり極端に飛距離が出ていないケースも

多いです。







それはスイング中にためている力が逃げてしまう事が

原因で、その原因の結果としてスライスも出ているのです。







今日のポイントは、その原因の1つである「」を

意識してスイングを矯正していきましょう。







インパクトで腰が開いたり、また腰が浮いたりすると

フェースが開き力が逃げてしまい、スライスにもなってしまう

のです。







「腰が開く」と言うのは、よく聞く話だと思いますが、

腰が浮いてしまいアドレスした高さより高い位置で

腰が回転したり、また腰の左側が上を向いて

回転が地面と水平ではなく、上向きになってしまう場合も

あるのです。







これは腰の動きだけが悪いわけではなく、

上半身や腕や手の動きにも影響を受けるのです。







しかし腰をまずは正しく回転する意識を持つだけで

意外と簡単に矯正できるのです。







鏡の前で軽くアドレスし、スイングを行うように

腰を回転させてみましょう。







多くの場合、鏡の前で腰だけに注目してスイングをすると

簡単に正しくできるのですが、クラブを持つとできなくなっている

場合が多いです。







だからまずは鏡の前で簡単な腰の動きを繰り返し行い

練習場では、その感覚を思い出しならがクラブを振りましょう。







スイングを難しく考えていると、なかなか思うように振れませんが、

腰だけを意識すると意外と簡単にスイングが良くなっていきます。





腰の動きだけを注視してスイングをすると

シンプルで簡単な動きだという事を実感すると思います。





腰だけを意識していると、余計な動きをする事もないですし、

その場で回転するだけの超簡単な動きなのです。





ゴルフのスイングは難しいと思っていても

スイングのとても重要な腰の動きは、いたって簡単で

誰でもすぐにできる動きなのです。





腰を意識して簡単な動きをしっかり身に付けましょうね。

スイングの基礎となりますからね。



腰への意識で、簡単に、でもしっかり良いスイングを

作っていきましょうね。







それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加