スイングの悪い癖を忘れるコツ、は●●●にあった!!

【ゴルフをしない時期を作る】という考え方や習慣は、意外にもとても大事なことです。

しかし、ある人にとっては、
「最近、練習でいい感じに打てているので、
今はゴルフを中断したくない!」
という思いを抱くかもしれません。



確かに、そんな時に練習を中断すると、せっかく作ってきたスイングが
ダメになってしまいそうですよね。

ただ、ここで敢えて断言します。
結論から言うと、それでも練習は中断しましょう。
ゴルフをしない時期をしっかり作りましょう。

今取り組んでいる事も、本当に大切な事だった場合には、練習を再開する時にはちゃんと必要事項として、自然と必要になってきます。



それよりも、今取り組んでいる事がスイングの邪魔をしている可能性が高いのです。

それを忘れてしまって、新たにスイングを作っていく方が
楽に上達できる場合が多いのは事実です。


スイング改善のための、重要な考え方

今までやってきたスイングの感覚を大きく変えるというのは、なかなか難しいです。

大きな変化を生みだすよりも、自分の感覚の中にある今までのスイングを繰り返してしまうのです。
そこでゴルフを中断し、感覚もクリアにしてしまう事で新しい感覚を習得しやすくなります

今やっている練習があっても、一旦区切りをつける為にも一時期ゴルフをやめてみましょう。



悪いクセ、長年スイングの邪魔をしていた事、そういうものをすっかり忘れ、再開した後に新たなスイングをしっかり作っていくことが大切です。





また、ゴルフをしていない時期は、何もしなくていいのですか?
という質問をよくされるのですが、情報のインプットをしていきましょう

ゴルフ雑誌やゴルフ本などを入手し、プロのスイングをじっくり眺めて分析するのです。



トップの位置もそうですが、アドレスの形などは本当に参考になります。
是非とも意識していただきたいです。

ゴルフをやらない時期だからこそ、素直にスイングを省みる事ができることもあるのです。

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




●レディース

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加