スイングが良くなるアドレスのポイント!

アドレスはとても大事です。

アドレスが悪いとスイングをする前からミスになりやすいです。

ただアドレスは人によって正解が違うものです。

例えばプロのアドレスを完全に真似をしたとしても

それが正解とはいえない場合もあるのです。

自分にあったアドレスをしなければいけません。

そして多くの人はしっかり構えすぎる傾向にあります

しっかり構えるとは、前傾姿勢が深くなる傾向があるのです。

飛ばしたいとか、頭を動かさないようにとか、

どうしてもどっしりと構えるようになり重心が下がるのです。

重心が低くなりすぎると楽にスイングできなくなり

余計な力が入りやすくなり、ミスも出やすくなるのです。

アドレスの重心をほんの少し上げるだけで、

楽にスイングでき楽に振れるようになる場合も多いです。

重心が低くなっているアドレスをどのように矯正すればいいかと言えば、

簡単なのがお尻の位置を少し上げる意識を持つ事です。

重心が下がっている状態というのは、

ヒザがしっかり曲がっていてお尻が下がってしまうので、

ヒザを少し伸ばし気味にしてお尻を少し上げる感じにするのです。

さらに簡単なのは、上から頭をヒモで引っ張られているように

立ってみましょう。

背筋が伸びてアドレスできるようになります。

難しい事をしないでも、ちょっとした意識だけで

アドレスが簡単に良くなるのです。

どっしり構えすぎかな?って思う場合は

やってみましょうね。

背が高くなったように思えて、楽に振れるようになりますからね。

プロのアドレスを真似るのはとてもいい事です。

というかやってますか?

どのプロでもいいので、できれば自分の体型によく似たプロを探し、

そしてスイングがカッコいいと思えるプロを選び、

その真似をしましょうね。

真似をするという事は、自分のスイングを見るという事に

なるので、とても上達しやすくなるのです。

スイング全部を真似するのは、動きも速くて難しいですが、

アドレスだったら動かないので、真似しやすいです。

是非とも真似はしましょうね。

これも簡単に上達できる方法ですからね。

トライしてみましょうね。

それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加