ドライバーが暴れる時の、対処法必殺技2選!

以前は調子のよかったドライバーショットが、
どうも最近悪くなってきたというケースがあります。



以前は気持ち良く振れて、気持ち良く飛んでいたのに、当たりが悪いし、飛距離もでない。
時にはダフリやテンプラ、チョロも出るようになってきたなんて事もありますよね。

こういう状態に陥るのには、もちろん原因があります。



ゴルフは続けていると、スイングが乱れるものです。
・・・その大きな原因は、力が入る事です。



練習している時は、自分のスイングを追及し身に付けられるように
繰り返しスイングをしているのでいいのですが、
これがコースに出るようになると、どうしてもナイスショットが打ちたいと気持ちが先走ってしまい、力が入るのです。



ティーショットでドライバーを打つ場合でも
練習場とは景色や重要度が違いますよね?



もちろん練習通り、練習でナイスショットを打てたイメージをしっかりしてから
打てればいいですが、実際には、林があったり、谷があったり、ラフがあったり、
バンカーがあったり、池があったりと、打ち込みたくない場所がたくさんあります。



また、距離の長いホールだと、飛ばさないといけなかったり、
フェアウェイが広くて気持ちのいいホールだと、飛ばしたくもなります。

さらに仲間が飛ばしていると、自分の負けじと飛ばしたくなり、いつも以上に振る事もありますよね。

いろいろな状況がある中で、練習通り振る、練習通り打つのは
本当に難しいものです。

だからどうしてもスイングは壊れていくのです。


スイングが乱れたときの対処法

このように調子が悪くなってきたら、まずは練習場で
【力を抜く事】を意識してゆっくり軽く振るように練習しましょう。

少しゆっくりなリズムを意識すると、本来のヘッドを加速させる感覚が戻ってきます。



本来の感覚が戻ってきたら、後はそれを繰り返しましょう。

余計な事をしようとするのではなく、力を抜く事、
ゆっくりなリズムで振る事、これくらいで十分本来のスイングに戻す事ができます。



調子が悪いな、当たりが悪いな、と思ったら
練習に行き、調整し直しましょう。

ちなみにスイングを無理に小さくして合わせようとすると、
その場ではいいですが、スイング自体が手打ちになってしまうので
根本的にはあまりよくありません。

ゆっくりでいいので、大きく振るように心掛けるのです。

これをやらないとずっと調子が悪い
ずっと当たりが悪いという事になってしまいます。



また、当たらないからといって、スイングを変えようとすると
力が入って悪くなっているのに、その上でスイングを変えるので
どんどん悪くなります。

以前はよかったのに、最近悪いという時は、
スイングを変えるのではなく、力を抜くという事を意識して
スイングを戻すというイメージで練習しましょうね。



この戻す感覚もわかっていると、すぐに復活できるでしょう。

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




●レディース

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加