スイングが良くなったAさん、その理由はボールの見方を●●●したからだった!

スイング中、ボールをどのような感覚で見ているでしょうか?

●ミスをしたくないからしっかりと見ている!
●しっかり見ようとしているけど、インパクトは見れない!
●最後までボールを見るように心掛けている!

・・・など、人それぞれいろんな見方というか、見る動作を行っていますよね。



特にダフったり、トップが多いと、
ボールをよく見るようにしているケースが多いのかなと思います。

また、ボールを見ていない為にインパクトでは体が開いてしまい
スライスになったり、右に飛び出すケースもあります。



しかし、多くの場合、
ボールをよく見ようとしていると、体がかたくなり
クラブをスムーズに振れなくなるのです。

ダフったり、トップしたくない為に、ボールをよく見るように心掛けているのに、
ボールをよく見る事で頭が下がってダフリが増えたり、

また、インパクトの直前で頭が下がった事を自分で察知し、
ダフらないようにと上体を起こしてしまいトップになったりします。



ボールをよく見る事は大事なのですが、
体が硬くなるくらい見たり、頭が下がるくらい凝視したのでは
何の為にボールをよく見るようにしているかわかりません。

ナイスショットが打ちたいのに、スイングが悪くなり
ミスショットになってしまってはいけませんよね。


正しいボールの見方とは・・・??

そこでボールを見る時のコツは、
「ボーっと見る」ようにしましょう。

1点集中でボールを凝視するのではなく、
ボールのある付近をボーっと見るのです。



ボールだけをしっかり見ていると、徐々に体に力が入ったり
頭が下がる事もあります。

しかし、ボーっと見るようにするとボールは視界にありますが、
何となくあるという程度になり、楽に振れるようになります。



ボールが見れない、インパクトが見れない、
ダフる、トップする、体に力が入っている、
そういう場合は、ボールを集中して見過ぎている可能性もあります。

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




●レディース

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加