ティーショットのときに狙いを定める、大事なポイント3つとは??

ティーショットを打つ時は、どれくらい狙いを作っているでしょうか?

ゴルフは狙いを決めて、そこに打つというものですが、
ティーショットにおいては、そこまで狙いを定めていないという人が実に多いです。



そんなの、決まってんじゃん。。。

フェアウェイに向かって打つ!
これくらいの気持ちで打っている人も多いかもしれません。



ターゲットを広く設定し、その範囲内を狙うという方法も1つの大事な方法ですが、
もう1つ効果的な方法があります。





それがターゲットをピンポイントで設定するという方法です。

よくやるのがフェアウェイの右から左端の間を狙って打つという事をやりますが、

そうではなく、フェアウェイにピンを立てます



グリーンにあるようなピンを1本立てるのです。
もちろん自分の頭の中でですが。

そして、その狙いに向かって打つのです。



これをすると何が良いのかと言うと、
まず【しっかりアドレスが出来る】ようになります。

フェアウェイの右端から左端という広い範囲を設定するとアドレスが適当になり、
アドレスでは右端を向いているのに気持は真ん中に打ちたいという事になり、
スイングにズレが生じるのです。



ピンを設定すると、いくら遠くてもそれに向かって
正しくアドレスするようになります。
これだけでも方向性が高くなります。

それに打ちたい方向が決まるので、1本の飛球線が明確になります。



アドレスした時に飛球線がしっかりイメージできると
ヘッドが通るイメージがつかみやすくなり、実際に
ヘッドが安定した軌道を描くのです。

フェアウェイを広く使って楽に振るというのもアリですが、
1つしっかりと狙いを絞るという方法も効果的なのです。


ティーショットに臨むうえで、更に大切なこと

実際にコースでやろうとすると、ボールの後ろに立ち
狙いをしっかりと決める事が大切です。

そして、ボールの先に目印をしっかり見つけて、
その目印とボールを結んだ線をひき、その線に沿ってアドレスしましょう。



ターゲットをしっかり決めた時の方がこの線が明確になります。

しっかりと打ちたい方向にアドレス出来ていない人も多いので、
この方法でドライバーでもしっかり狙いを決めるのです。



まずは練習場でトライし、飛球線を明確にし、
その通りにアドレスできるようにしましょう。

練習場でやって出来るようになればコースでも絶対にできます!

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




●レディース

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加