ゴルフスイングでスウェーを防ぐために必要な、ある2つの注意点とは?

スイング中に体が流れるという状態があります。



例えばトップの時に右に流れたり、インパクトからフォロー、
フィニッシュで左に流れたりという状態です。

これも全てがダメというわけではないですが、
流れる事によってクラブが正しく振れなくなる事が多いのであまり良くはありません。



力も抜けているし、ヘッドが十分に加速している、
正確なショットも打てているし、飛距離も十分に出るという場合は良いのですが、、、

「当たりが悪い」、「当たっても飛ばない」、
「ダフリやスライスが多く出る」、「そもそも勢いのあるボールが打てない」

・・・そんな状態に陥っている場合は、
体が流れるという状態をやはり矯正した方がいいでしょう。


スウェーを防ぐ考え方

よく言われるのが軸を意識したスイング。

背中に軸があるとイメージし、その軸を中心に肩や体が回転する
というイメージです。

もちろんこれはいい事ですよね。







ただ背中の軸を意識しすぎてしまい、
ぎこちないスイングになってしまうケースもとても多いのです。



そういう場合は、違った軸をイメージする方がいいでしょう。



その軸とは、スタンスの幅が全て軸となるいうイメージです。

要はスタンスの幅くらいの筒の中でスイングするというイメージです。
スタンスの幅の中で回転するというイメージを持つと
楽に回転運動できる場合も多いのです。



手には何も持たなくていいので、
鏡の前でスタンスの幅の中で回転するイメージを持って素振りをしてみましょう。

ぎこちない窮屈な感覚は無くなり、楽に軸のあるスイングができるようになります。



軸がイメージするのが難しいという場合は、是非試してみてください。

軸というのは、自分の意識1つで出来るようになる場合も多いので、やってみて下さい。


筒の中で回転するイメージ

そういうと、「筒の中で回転するようなイメージじゃ思い切り振れないよ!」
って場合は、軸がしっかり保てていない可能性があります。

軸を意識した回転運動で、思い切り振れるようになる必要があります。



出来ない事を出来るようになる、その為に練習をする。
当たり前の事ですが、壁があると、上達のチャンスなのです!

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




●レディース

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加