ほんの一瞬で、アプローチが良くなる極意とは??

グリーン周りのアプローチは、寄せて当たり前とまではいかなくても、
ある程度ピンの方向に打ちたいものです。



ピンの方向を狙って打つのでピンの方向に転がっていくのが当たり前なのですが、
難しく考えすぎてしまうと、トップやザックリなど、大きなミスにもなってしまいます。



また、距離をコントロールしないといけないので、
スイングの大きさ、振り幅の大きさ、インパクトの強さなども考慮しないといけません。



こうやって考えていくと、少しずつ難しくなってくる感覚もわかると思います。
しかも難しく考えるようになってしまうとミスも増えます。

ミスが増えれば、今度は悪いイメージ、失敗するイメージを
持ってしまうので、余計に失敗しそうに思えてしまうものです。

だからグリーン周りのアプローチは、なるべく難しく考えない事
とても重要になるのです。


アプローチに挑む前の正しい考え方とは?

ピンに向かって打っているんだから、ピンの方向に転がるのは当たり前、
これくらい簡単に、気軽に考えてみましょう。

そして、インパクト時にも簡単なイメージを持つ事が大事です。





グリーン周りからのアプローチだと、スピンの掛けたいとか、
低く出して止めるとか、フワッと上げて止めるとか、
考えてしまいがちですが、こういうこともあまり考えない事が大事です。



普通に打って、普通に上がって、普通に転がる、
これを基本としましょう。

アプローチだと、どうしても難しいインパクトをイメージしますが、
なるべく簡単なインパクトをイメージしていきます。



重要なことは、ボールの側面をコツンと打つだけ!

例えば、パターを打つようなイメージでボールの側面にクラブを下ろす、
パターだったら当たり前の事をアプローチでもやります。



もちろんアプローチの場合、SWなどで打つので刃があります。
それをボールに当ててしまうとトップになるので、
フェース全体をボールの側面に当てるという感じです。



基本的なスタンスとは、【フェース全体でボールの側面を打つ!】。

やってみると簡単なのに、自然にボールが上がり、
素直なボールが打てるようになります。



アプローチを簡単に打つというイメージをそのまま体感できるので、
是非トライしてみて下さい。

ボールの下にクラブを入れようと思うと緊張して力が入りますが、
フェース全体でボールの側面を打つというイメージを持つと、
楽に振れるようになります。



また、このイメージだとインパクトの強さ、
インパクトの速さが一定になるので、本当にミスしなくなります。

何球も練習し、どんなクラブでどれくらい振れば、
どんな球が、どれくらい飛ぶのかがわかります。



少し練習するだけで距離感もつかみやすいので、
コースですぐに使えます。

すぐにコースで使ってどんどん経験値を積み上げていきましょう。
磨き上げた経験値が、さらにスコアアップへとつながってくるのです。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加