アイアンで飛距離を稼ぐには、、●●●が大事だったとは!??

アイアンは、飛距離を求めるクラブではなく方向性が大事なクラブです。
もはや、説明不要だとは思いますが・・・

その為、飛距離を求めるよりも狙い通り真っ直ぐ打てる事を
重視している人も多いです。





その思考はとても大切ですし、基本的には間違っていません。

しかし、その思考に逃げてしまい「本来の飛距離が出せていない」
という人も実は多いのです。



本当は、もっと飛ばせる力を持っているのに、
スイングが悪くて飛ばないようになっているのです。



ですから、アイアンといえども
しっかりと本来の飛距離が出るようにスイングを修正し、
飛距離が出るうえに、しかも曲がらないアイアンショット】を是非とも身に付けていきましょう。


アイアンが飛ばない原因とは??

アイアンの飛距離が出ない原因の1つが、
クラブをしっかり振れていない』という事です。

簡単に言うと、手で合わせているだけという話。
さらにもっと言うと、腰が引けたり、体重移動が出来ていなかったりするのです。



例えば、ドライバーなどのクラブだとしっかり振れていたり
振ろうとしているのに、、、、

アイアンだと真っ直ぐ打ちたい・・・
グリーンに乗せたい・・・
という思いが強くなりすぎて手だけで合わせてしまっているのです。



こうなっていると本来の飛距離が出ていないですし、
本当はもっと飛ぶし、もっと勢いのあるボールも打てるし、
もっとスピンの効いた良いショットも打てるという人が多いのです。



もし、手で合わせている自覚がある場合や、
アイアンの飛距離がもっと出ていいはずだと思う場合は、
これから紹介する方法を試してみて下さいね。

アイアンショット改善のための練習方法とは??

その方法とは、【切り返しで左足を踏み込む】のです。

本来のスイング、本来のショットが出来ていない人は、
体重移動が全然出来ていない事が多いのです。

その為、右足に体重が残っていたり、
左に体重を移すタイミングが悪かったりするのです。



そこで1つ切り返しのタイミングで
【しっかり左足を踏み込む】という動作を入れます。

そうすると、体重移動をスムーズに行う大きなきっかけとなるのです。



きっかけができると意外と簡単に体重移動は行われ、
クラブが楽に振り抜けるようになるのです。

この練習の注意点ですが、まずは素振りで行いましょう。
トップに上げたら、左足を踏み込んで、それから切り返し、
インパクト、フォローと振るのです。



もっと詳しく言いますと、トップに上げたら左足を踏み込んで
それから上半身を始動する感じです。

トップ → 左足踏み込み → 上半身始動
これを素振りで繰り返して行いましょう。



繰り返して行ううちにタイミングがつかめてきますし、
スイングにリズムも出てきます。

また、この練習を行う時のコツは、
【大胆に行う】・・・これに尽きます。



スイングの一瞬の動きになるので、丁寧にやろうとすると
ぎこちない動きになってしまうものです。

トップに上げて、左足を踏み込んだら、上半身の始動ですが、
感覚的には、左足を踏み込んだら、後は思い切って振り切るくらいが
楽に振り抜けるようになります。



左足を踏み込んだら、ビュンと振る!
これくらい簡単な思考でも大丈夫でしょう。

是非トライして、アイアンでもしっかり飛距離を
出せるようになりましょう。

筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




●レディース

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加