フィニッシュを意識する“ある秘密の方法” ~コンパクトなゴルフスイングを追求!

ミスショットが多い人というのは、ある特定の原因だけではなく、
いろいろな原因が複数ある場合が多いです。

そして、ある一つの原因だけを意識してゴルフの上達を目指す人も多いのですが、
ミスの原因が多いと、それを1つ1つ治していかなければいけません。



しかし、1つ1つ治そうと思って真面目に取り組んでも
思うように上達しない事の方が多いものです。

部分的に、スイングに悪いところがあるので、
そこを矯正すると良くなるのですが、
悪いところがまだまだある、

・・・ただしそれでスイング全体のバランスが取れているケースもあるのです。



なので1つ治そうと取り組むと、スイングのバランスが崩れ
さらにショットが悪くなるのです。


スイングをよくするために、気を付けるべき“ある1つのこと”

例えばトップの位置が悪いと感じで矯正しようと練習していると
トップの位置は徐々に良くなってくるけど、
それによりスイングのバランスが崩れてナイスショットが出ない
というケースがあるのです。

また、1つ治すと1つ悪い点が出てくるケースもあります。



このような状態になってしまうと、練習はしているけど、
いつもあまり良くないという状況になってしまうのです。





では、どうすれば悪い点を良くしていけるのでしょうか?

まずはコンパクトなスイングを目指します

ミスショットが多い人と言うのは、大体が余計な力が入っていたり
余計な体の動きが入ってしまい、コンパクトに振れていません。



だからこそ、ここは必ずにコンパクトなスイングを意識するのです。
トップの位置が多少悪くても、体の動きに多少悪いところがあっても
まずはコンパクトなスイングが出来ればいいやという気持ちで、練習するのです。



コンパクトに振れるようになると、徐々にヘッドの加速の感覚も
つかめてきますし、手で細工をする事もなくなってくるのです。


コンパクトにスイングする方法とは??

では、どうすればコンパクトに振れるのか?ですが、
まず絶対にやってもらいたいのが、

【フィニッシュでちゃんと立てるように】なりましょう。

大振りになったり、余計な動き、余計な力が入っていると
フィニッシュで安定して立っていられません。
それだと、どうしても体がよろけるのです。



そして、どうすれば体がよろけないフィニッシュになるのか?を考えるのではなく、
まず体がよろけないフィニッシュを取るように心掛ける。

そうすれば自然とバランスの良いコンパクトなスイングになってくるのです。



「ショット悪いな」、「当たらないな」、「どういう練習したらいいのかな」と悩んでいるようなら、
まずはフィニッシュでスッと立てるようにコンパクトなスイングを目指しましょう。



例えば、グリップを2指分くらい短く持つだけでもコンパクトになります。

大振りになっていたり、手で振っている場合は、
最初ものすごく振りにくくなるかもしれませんが、
グリップを短く持つというのもやってみましょう。



短く持って、フィニッシュではスッと立つ
まずはコンパクトを身に付け、それから細かな修正点に取りかかってみるのも一考です。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加