スイングには「締まり」が大切、、、その訳とは??

スイングは、シャープに振れるようになる事がとても重要です。

ピシッとキレのあるスイングができれば、ボールも飛びますし、
狙い通り飛ぶものです。



ただゴルフを始めたばかりの人などは、
むやみにただクラブを振っているケースが多いので、
スイングにキレもないですし、シャープ振れと言われても、
それは難しいものでしょう。



また、かなりの経験者でも、スイングを勉強した時に
写真などの止まったものだけを参考にしていると、
形は似てきますが、キレのあるスイングだったり、
シャープなスイングというものを習得するのが難しいものです。


シャープのあるスイングで気を付けるポイントとは?





特に気を付けたいのが、トップの位置です。

ゴルフを始めたばかりの人は、トップの動きというのは
あまり普段生活の中でやらない動きなので、気になってくるものです。



またゴルフを長年続けていても、
いつも不安に思ってしまう点でもあります。

気を付けたいのが、【トップ】とお伝えしましたが、
正確にはトップの手や腕の形ではなく、
トップの時のつま先の形であり、感覚が大事なのです。



トップの時に右足のつま先にしっかり体重が乗っていますか?

それが出来ていないと、それだけでスイングに締まりが無くなり
いくら練習してもいいスイングにはなりません。



ゴルフを始めたばかりの人にとっては、
右足でしっかり体重を受け止めようと右足全体で踏ん張ろうとします。

それだと逆に足全体に力が入りすぎて、
フットワークが使えず振れなくなります。



また、勉強熱心な人だと、トップの形ばかりに意識がいってしまい
足の事を忘れている人もかなり多くいます。

テークバックに入ったら、右足のつま先にぎゅっと力を入れて
踏ん張るのです。

それだけでスイングに締まりが出てきます。



感覚としては、右ヒザに少し力を入れて右足のつま先に力を込めるようにすると、
グッと踏み込めて簡単です。

右足のつま先にしっかり体重が乗っていると、
腰が回りすぎる事もないので、スイング全体に締まりが生まれます。



締まりのありスイングが出来ると、自然とシャープに振れる
ようになるので、是非、練習してみましょう。



オーバースイングになっている人も
右足のつま先に体重が乗っていない人が多いですね。

右足のつま先でしっかり踏ん張っていたら、
大きなトップは出来ないのです。



大きなトップにしないと振れないという思いがある場合は、
また違った意識の持ち方が必要な場合もあるのですが、
まずは、右足つま先をしっかり踏ん張って、
大振りにならずにコンパクトに切れのある振りをできるようになりましょう。



締まりの良いスイングが出来ると、ヘッドも自然と走るようになり
当たりも良くなりますし、飛距離が出るようになります。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加