つま先体重でも安定しない場合は?

スイングで大事なのが体重の掛け方です。

体重の掛け方1つでスイングの安定感が大きく変わります。

また安定感だけでなくスイング自体も変わる事があるのです。

だから体重をどこに掛けるかという事をしっかり意識して

スイングをする事が大切なのです。

スイングを安定させる体重の掛け方は、

つま先体重です。

アドレスではもちろんつま先体重で、

スイング中もずっとつま先体重を変えないで

スイングする事が安定したスイングを作るコツでもあります。

でもこのつま先体重にしているのに安定しない人も

中にはいるのです。

そういう人はスイング全体で何が悪いかを

探す必要があるのですが、大きな原因としては

上体がかぶってしまっているケースがとても多いのです。

上体がかぶってしまう事を改善したり、

多くの場合はヒザの曲げる角度が足りない場合も多く

それも改善しないといけないのですが、

これもそれも改善していくとスイングを根本から

治す事にもなり大変です。

なのでまずは体重の掛け方を少し変えて

無理なくスイングの矯正をして行く方がいいでしょう。

体重をつま先ではなく、足の裏全体で感じるように

しましょう。

足の裏全体をイメージすると、前につんのめる感じが

無くなり、上体がかぶる事もなくなります。

つま先に体重をかけているけど、ダフリが多いとか

シャンク系のボールが多いとか、何よりボールがつかまらない

という場合は、足の裏全体で体重を感じるようにして

スイングしてみましょうね。

スイング中に足の裏全体を感じるというのは

言葉で書くと簡単なように思えますが、

実際にやると結構難しいです。

特にスイング中は足の裏全体で体重を感じようとしても

体重の掛け方は変わってしまうものですからね。

もし足の裏全体に体重を掛けていても不安定になる場合は、

土ふまずに体重をかけるイメージを持つと

トップで右に流れたり、インパクトで左に流れたりする事を

抑えられます。

土ふまずをイメージして楽に振り切れるように

練習してみましょうね。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加