一瞬でアドレスを良くするためには、お尻の●●●がポイント!

ゴルフで上達したい・・・

そう思ったら、一番大事なことは「アドレス」です。



アドレスが悪いとそれだけでナイスショットが
打てなくなるケースが多いです。

ミスになる原因がアドレスにある
いつミスショットになってもおかしくありません。


アドレスを矯正して、100を切る人続出!!!

しかし、アドレスが悪くてスイングやショットが悪い
という場合、実はラッキーかもしれません。

アドレスは、静止した状態、つまりいつでも自分で
チェックができるわけです。



スイング中の体の動きに問題があった場合、
スイングの動きの中で、それを把握し、矯正しないと
いけないのでとても大変ですが、アドレスは動き出す前の形なので、
いつでも簡単に矯正ができるのです。



そのアドレスで、気を付けなければいけない点は
いくつもありますが、アドレスが悪くなっている人の多くは
「ふところ」がせまくなっています



ふところとは、アドレスした時のグリップ(手)と
体の間のスペースです。



これがせまくなっていると、スイングが不安定になります。
グリップが体に近すぎると、正しく腕が振れなくなり
大きく軌道がズレ、ミスショットに直結するのです。



グリップと体が近いという状況は、
実はグリップを体から離すのではなく
体の前傾の仕方が間違っているケースが多いです。

前傾姿勢をしっかり取ると、グリップと体の関係は
とても自然で良くなるのです。



前傾姿勢では、体を前傾させるだけではなく、
お尻を後ろに突き出すようにしましょう。

足の付け根から体を倒し、お尻を後方に突き出す。
この感覚で前傾姿勢を作ると、自然とふところが広くなり
良いアドレスが作れるのです。


アドレスのセルフチェック方法とは

まずは、鏡の前で自分のアドレスを見てみましょう。
前傾姿勢を見てみましょう。



お尻を突き出せていますか?
ふところがせまくなっていませんか?

ふところが広くなれば、腕がスムーズに振れるので
軌道も安定し、当たるようになりますし、飛ぶようにもなります。



是非、アドレスをセルフチェックしてください。

>お知らせ

■じゃらんゴルフ



※じゃらんゴルフのページを開いたら、
ページの真ん中に各種格安プランがあります


まとめ

アドレスを良くしようと思ったら、
プロの写真を見て勉強するのも1つの方法です。

よくプロの写真を参考にしている人がいますが、
トップやインパクトの形ばかりを気にしています。



大事なのは、アドレスを真似る事です。

背格好が自分に良く似たプロを探し、
アドレスを徹底的に真似てみましょう。

良いアドレスが、良いショットを生むと考えるのです。


筆者おススメ商品

ボールが大きく見えて打ちやすい!
サッカーボール柄のゴルフボール

●ホワイト/レッド

●ブラック/イエロー



【カッコいいゴルフウェア】
●メンズ




●レディース

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加