ドライバーを上達させる、右肩の使い方のコツ3選!!

ドライバーは、一番長いクラブなので
扱いが非常に難しいものです。



まだゴルフで100を切れない、というゴルファーは
往々にしてドライバーが苦手なものです。



“クラブが長い”というだけで、スイングで変な動きになってしまいますし、
反対にスイングで変な動きになっていると、その影響も
大きく出てしまうのです。

ドライバーは長いクラブなので、ミスも多く出てしまうのですが、
ミスが多いからとスイングをいろいろ矯正するものです。


なぜ、ドライバーショットが安定しないのか?

しかし、その矯正自体がスイングをどんどん悪くしている
というケースも非常に多いです。



簡単に言うと、当たらないから当てようとする。



本来は、
正しいスイングが、正しいタイミングで振れるようになってくると、
自然と芯に当たるようになります。



しかし、当たらないからと、無理に当てようとする事で手打ちになり、
スイング自体が悪くなっていくのです。

特に当てたいという思いが強くなりすぎると、
振り切る事より、当てる事に意識がいくので
手でボールに合わせにいってしまうのです。



手だけでなく上体もボールに合わせるように動いてしまい
どんどん手打ちが加速していくのです。

ドライバーが当たらないから、当たるようにスイングを矯正している、

と言えば聞こえがいいですが、
スイングをどんどん手打ちにしているかもしれないので、注意が必要です。


ドライバーを上達させるコツは、●●にアリ!

では、ドライバーが当たらない時はどうやってスイングを
変えていけばいいのでしょうか?



その方法の1つが、右肩を意識する事です。



ボールに当てようとすると、右肩が前に出やすくなってしまうのです。

だから右肩はアドレスの時と同じ場所で打つ
という意識を持つのです。



実際には、スイングにおいて体の動きは一瞬なので
右肩の動きをコントロールするのはとても難しいのですが、、、

【右肩はアドレスの場所で打つ】、とか、
インパクトで前に出ない、というくらいの意識を
持つだけで、右肩の突っ込みが抑えられます。



右肩が前に出てしまうと、腕が振れなくなり
ヘッドも加速しなくなるので、飛距離も出なくなるのです。



右肩はアドレスの場所で打つ!



この意識を持って練習をしていると、
腕も振れるようになり、それによりヘッドも加速します。



さらに、ヘッドがちゃんと加速する事で
いつも同じ軌道になるので、飛ぶようになり、
同時に芯に当たるようにもなるのです。



ちょっとした意識でスイングが大きく変っていくので
ドライバーが当たらない、飛ばないという場合はトライしてほしい。



ただし、こういう練習は、地道な練習が必要です。

トライしてすぐにいい球が出る場合もありますが、
練習を重ねる事で成果が出る場合も多いです。



練習を重ねる事でスイングをしっかり矯正する事ができ
体に覚え込ませる事ができるので、スイングが本当に良くなってきます。



ドライバーは、いつもミスしたくないからと当てに行き、
気持ち良く振っていないという場合は、
右肩を少し意識してスイングするように心掛けて下さいね。

小手先のスイングを練習するのではなく
スイングの根っこの部分をしっかり矯正していきましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加