ドライバーで簡単に高い球を打つ方法

ドライバーショットでは、ある程度高い球を打てないと

飛距離がでません。







ライナー性の当たりでもいいのですが、

最初は低くライナー性でも徐々に高さが出るように

ならないと飛距離は期待できません。







例えばフォローの風が強い場合や雨でランが出にくい場合などは、

高い弾道を打ち、ランではなくキャリーを稼ぎたいものです。



golf-881352_1920



ではどうすれば高い球が打てるのか?

もしスイングがある程度固まっているなら難しい事はしないで、

いつもよりボール1個分左にボールを置いて打ってみましょう。







ボール1個分左に置くだけで、高い球になりやすく

キャリーも出しやすくなるのです。







もちろんボール1個分左に置くという事で、

スイングを変えてしまってはいけません。

あくまでも普段通り振る事が大事なので、

違和感が無くなるまで、練習で何度も打ってみましょうね。







ボールの置き場所により弾道が変わるので簡単ですし、

コースで使い分けがすぐにできるので有効な方法です。





ちなみに球が上がらない、低い球でライナーばかりだったり、

時には左に低く飛んでしまうという場合は、

右肩がかぶっている可能性が高いです。





もしそうなっている場合は、切り返しからインパクトに

かけて左肩でリードする意識でスイングしましょう。





簡単に球筋が変わってきますからね。



トライしてみましょうね。







それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加