打ち上げか打ち下ろしかわかってる?

コースに出ると、打ち上げか打ち下ろしか

よくわからないというケースがあります。



(済)打ち下ろし



ティーグランドとグリーンがほぼ同じ高さ、

でもその間が低くなっているとわかりにくいものです。







微妙にグリーンが高く見えたり、また低く見えたりします。







これがショートホールなら、直接グリーンを狙うので

その打ち上げ、打ち下ろしがとても大事になります。







ゴルフ場はいろいろな目の錯覚を使って、

距離感を狂わしているので、気を付けたいものです。







こういう場合は、ティーグランドに上がる前に

少し横の方からティーグランドとグリーンの高さを

比較してみましょう。







前のホールから歩いてくる時に見ておくだけでも

わかる場合も多いです。







上りの150yだと思って番手を大きくして打ったら、

本当は下りの150yで、大きなミスになった、

なんて事は避けたいですからね。







ちょっと離れてコースを見よう!

コースの本当の姿が見えますからね。





少し離れたところから、コースのシチュエーションを見るというのは

ショートホール以外でもとても効果的です。





ミドルホールなどでも、少しボールから離れたところから

見た方がよく見える事も多いです。





だからと言って別の場所にわざわざ行って見るわけにも

行かないので、ボールに向かう時に真っ直ぐボールに向かうのでは

なく、少し横の方から近づいたりして、あまり時間をかけずに

シチュエーションを把握する事が大切です。





打ち上げ、打ち下ろしだけでなく、いろいろなものが見えるので

試してみましょうね。





それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加