ドライバーの方向性をよくするポイントは、●●●●だったことが判明!!!

ドライバーは飛距離の出るクラブです。
その為、ほんの少し右を向いたり、ほんの少し左を向いたりした状態で
インパクトをすると、大きく左右にブレて飛んでしまいます。



右によく飛ぶ人は、体が開いてインパクトをしているケースが多いです。

実は、インパクトで体が開いてしまうと、
フェースが開く事になるので、右に飛びますが、
これにスライス回転が入るとさらに右に飛んでしまいます。

それに、右に飛んでしまうので、本来の飛距離も出ません。



インパクトはアドレスの再現と言われます。
しかし、インパクトはほんの一瞬の事なので
その瞬間だけ体もクラブもコントロールするというのは、
不可能です。

基本的な体の動きをしっかり意識し、マスターする事が大切です。


ドライバーショットの成功か、失敗かを分ける●●●●

インパクトでは、
上半身はしっかりとボールに向いていないといけません。

インパクトの瞬間に体が開いていると、それだけで右に飛びます。
また、一瞬で右に飛びそうだと感じて、手首を無理に返し
フェースが左を向いて左に飛ぶという事も多いのです。

こうなってしまうとスイングはバラバラ、タイミングも軌道も
常に不安定になり、真っ直ぐ飛ぶ事の方が奇跡です。



【体の前でインパクトをする!】
この基本中の基本をしっかり意識して練習しましょう。


インパクトを改善していく練習法

左腕1本でインパクトをしてみましょう。

テークバック、トップ、切り返しまでは両手で行い
インパクトで左腕1本にして打つのです。



もちろんフルスイングではなく、ハーフスイングとか
もっと小さいスイングでOKです。

常に体の前にクラブがあり、左腕で上半身の前にクラブを
キープしたまま振るのです。



感覚としては、左腕で振るというより、
左腕でクラブを支えておいて、体を回転させるという感じです。

その為には、左のワキをしっかり締めて左腕1本だけでも
安定して振れるようにしておく事が重要です。



方向性が悪い、飛距離が出ないという場合は、
体の正面で打つ感覚を憶える事をおすすめします。
ショットの質が変わりますからね。



練習する時は、本当に小さなスイングでOKです。
ハーフスイングではなく、10yとか30yを打つアプローチの
感覚でもいいです。

大きく振ってしまうと左腕1本だと支えられないですし、
余計な力が入ってしまって、体の正面で打つという事に
集中できなくなります。

小さいスイングでいいので、まずは実践してみることが大事です。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加