しっかり踏ん張れば安定したスイングができる?

ブレないスイング安定したスイング、というのは
どういう状態でしょうか?



その答えは、
安定した下半身があり、ブレる事のないバランスの良いスイング
という事になります。



だから、しっかり踏ん張っている人もいるのですが、
実はしっかり踏ん張っているだけでは安定したスイングはできません。

しっかり踏ん張っていれば安定したスイングになりそうなものですが、
実はそんなに簡単な話ではありません。

何故なら、体重移動があるから。


ゴルフスイングの体重移動とは・・・?

スイングは体重移動をしますよね。

トップに上げた時は、右足に体重をかけます。
そして、切り返しからインパクト、フォローにかけては
左足に体重を移動させます。



だからしっかりジッと踏ん張る事はできません。

逆にしっかり踏ん張ってしまうと体重移動が正しく行えないので
スムーズに振れなくなってしまうのです。



ではどうしたら【安定したスイング】を身に付けられるのでしょうか?

それは、しっかり踏ん張ると逆に動きになります。
つまりスムーズに体重移動をするのです。

トップでは右足1本で立つくらい、そして、切り返しからインパクト、
フォローにかけて左足に体重を移し、フィニッシュでは、
左足1本で立てるくらいです。



フィニッシュで左足1本で立とうとすると、軸も動くので、
右足がつま先立ちになるくらい大胆にフィニッシュを作るように
してみましょう。

スイング中の動き全部を意識しようと思うと難しくなるので、

●トップでは右足1本になるくらい、
●フィニッシュでは、右足はつま先立ちになるくらい、

と覚えておきましょう。



これなら楽に、そして大胆に体重移動ができ、
安定したスイングを作りやすいですからね。



右足に体重が残っていると、スイングのバランスが悪くなります。

多くの人は、右足に体重が残っているとダメという事を
知っています。

でも意外と、というか、かなり多くの人が、出来ていません。
驚くくらいたくさんの人が、しっかり体重移動できていないです。



自分は大丈夫って思わないで、万が一自分がそうなっていたらと
考え、今一度、しっかり体重移動をするように心掛けて
練習してみましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加