ダフリ、トップ、スライス、どこを治せばいいの?

さてさて、アマチュアゴルファーなら、
誰もがこんな悩みにぶつかるのではないでしょうか?



ダフリがとても多い、練習場だったらそれなりに当たるけど
 コースに出たら本当に当たらない。

 でもダフリだけじゃなく、トップもよくでるし、
 スライスも多い。
 たくさん悩みがあるからどこから治していいかわからない」



さてさて、
いろいろなミスが出ると、どこを治せばいいのか、
また、どこから治せばいいのか、悩むところですよね。



こういう時は、まずは良いスイングを作る事
第一に考えましょう。

ダフるから、ダフらないように打つのではなく、
ダフるから、良いスイングを身に付ける、
そうするとダフリが減るのです。



でも実際に良いスイングを作ると言っても
それもよくわからないですよね。

そこで僕がいつも一番最初に伝えているのが

「手打ちを治そう!」です。



手打ちが治れば、ほとんどのミスが出なくなります。

●手打ちが治れば、ダフリが激減します。
●手打ちが治れば、トップしなくなります。
●手打ちが治れば、スライスは自然となくなります。



どういう事かと言うと、ダフリは、実は手で合わせるように
打つ事が大きな原因です。
手で合わせると、ボールの手前にクラブが落ちるのです。



だからコースでグリーンに乗せたいとか、どうしてもミスしたくない
という時にかぎって、ダフる事が多くなるのです。

ミスしたくないという思いが強くなると手で合わせる、
だからダフるのです。



ではトップはどうして減るのか?というと、
手打ちが治るとボディターンで振れるようになります。
ボディターン、つまり回転運動がしっかりできるようになるのです。



トップは体の上下動が原因になる事が多いのですが、
回転運動が自然に出来るようになると上下動しなくなるのです。
だから手打ちを治せば、回転運動ができトップしなくなるのです。


ではスライスの解消法は?

本来、ゴルフのスイングは、体を軸に回転しているので、
余計な動きをしなければ、インサイドインの軌道でクラブは
振れます。



インサイドインの軌道、つまりフック系のボールになるのです。
スライスは出ないのです。



これが手打ちになってしまうと、体の動きとは違う動きになり
軌道が不安定になったり、アウトサイドイン軌道になったり、
フェースが開いたりして、スライスになるのです。



手打ちを治せば、スライスは自然と出なくなるのです。

手打ちを治す!という事がどれだけの効果があるか
わかっていただけたと思います。

では、どうやって手打ちを治せばいいのか?というと
素振りで簡単に治るのです。



ある【簡単な素振り】をすると手打ちが根本から改善できます。

多くの人は、難しい事をやろうとしすぎで
ゴルフが上達できなくなっています。

ゴルフの悩みのメールを頂く度に、僕はそう思っていました。
簡単な素振りで、手打ちは治ります。

手打ちが治ったら、ダフリもトップもスライスも
自然と無くなります。



そんな簡単な素振りについて、
今回、久しぶり教材をまとめました。

簡単にゴルフの上達を身に付けてもらう為に、
簡単で誰でもできるように作りました。

ダフる、トップする、スライスする、当たらないなど
ゴルフの悩みがある場合は、是非、取り組んでみて下さい。



こちら ⇒ http://golf100.teeup3.com/sinan/100golf/

この教材を発売した経緯として、
「初心者に教えるとしたら何から教える?」
ということを徹底的に考え抜きました。



そこで出た答えが、
「手打ちを治す」というポイントでした。

口では一言でカンタンに言えちゃいますが、
実際はなかなか難しいことなので、
誤解を生じさせないよう、テキストにまとめてみたのです。



そもそも、普段でも
よく考えたら「手打ち」を治すようにアドバイスしている事が多く、
それで劇的に上達している人がとても多いのです。

だから、今こそ本気でゴルフを上達したいと考えているなら
このマニュアルをご覧いただきたいです。

3ヶ月で100を切れなければ、全額返金するマニュアルです!

コチラをご覧ください。
⇒ http://golf100.teeup3.com/sinan/100golf/

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加