ゴルフですぐに飛距離を伸ばすポイントは、●●●に注意すべし!!

golfer-960916_640

飛距離が出ないと悩む人は多いです。
飛距離が出るように練習をがんばっている人も
ものすごく多いです。

飛距離が出ない原因は多数あり、やはりスイングをしっかり作り上げ
飛距離が出るようにして行くのが王道でしょう。



しっかりとしたスイングができれば自然と飛距離は出るように
なってくるものです。

これは男性でも女性でも、ちゃんと振れていれば飛ぶのです。



しかし、今のこの季節、しっかりスイングを作るというのは
不可能ではないですが、かなり難しいのかなというのもありますよね。

しかし、それでも飛距離が出るようになりたいという思いは
変わらずあるわけです。



そこでなるべく簡単で、一瞬で飛距離が出る可能性のある
ポイントを1つ紹介しますね。

飛距離が出ない原因にはいくつもあるのですが、
その1つに
フェースがしっかりと閉じていない

というのがあります。



フェースは思った以上に閉じているのが実は正解なのですが、
開いてインパクトを迎えている人がとても多く、
そういう人は、例外なく飛距離があまり出ていません。



つまりインパクトで開き気味になっているフェースを
ほんの少しでいいので閉じるようになれば
飛距離アップに大きくつながるのです。

そこで、ボールを包み込むようなインパクト
意識してみましょう。



飛距離UPに必要なのは、トップまで上げて蓄えられた遠心力を
クラブのヘッドにいかに全てを伝えるかが大事です。

インパクトでフェースが開き気味になると力が逃げてしまい
ボールに全ての力を伝えられません。

ただ「ボールを包み込むようにインパクトする」と言われても
どうやればいいかわからないと思うので、
インパクトの瞬間にフェースを気持ちかぶせるようにする
とフェースが閉じ気味になります。



もちろん練習は必要ですし、右手が強いとフェースが閉じ過ぎに
なるので左に飛んだりもします。

インパクトの一瞬にフェースを閉じるというニュアンスで
上手くいく場合もあれば、
ボールを包み込むというイメージで上手くいく場合もあります。

練習でどういう感覚がいいのか、自分で試してみましょう。



フェースの開きがほんの少し抑えられるだけで
飛距離は変わってきますからね。

インパクトの一瞬にフェースを閉じるのは難しいと
感じる場合は、アドレスした時からほんの少し、
今までより少しフェースを閉じてアドレスしてみましょう



人によってですが、本当にこれだけで力が逃げずに
強いインパクトが再現でき、大きく飛距離アップできる
場合も多いですからね。

これももちろん練習が必要なので、
まずは練習してみましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加