ヒザを意識して体が開くのを矯正する!

インパクトで体が開いてしまうという人はかなり

多いですね。

スライスになっていたり、右に飛んでしまったり、

力のない弱々しい球になっていたりする場合は、

インパクトで体が開いている可能性がかなり高いです。

反対にインパクトでしっかりと体が開かないようにできれば、

強くストレートなボールも打ちやすく飛距離も出て

気持ちいいショットが増えてくるものです。

もちろん体が開いているとわかっていても

それをどう矯正したらいいかという事で悩んでいるケースも

あるでしょう。

そういう場合は、左足のヒザを意識してスイングしてみましょう。

左のヒザがインパクトで開いてしまうと、

体全体が開いてしまう事になり、力が逃げて

スライスしたり右に弱々しい球になったりするのです。

そこでトライしてもらいたいのが、

左のヒザに目があると思ってスイングする練習です。

左のヒザに目があると想定し、その目でボールのある場所を

ずっと見るように意識するのです。

左ヒザの目がボールのあるところを見るだけで、

無理なく体の開きを抑える事になりスイングが変わるのです。

また、左のヒザがボールのあるところをずっと見る事になり

よく言われる「左の壁」も自然とできるようになって

ヘッドが無理なく加速し、強くボールを叩けるようにも

なるのです。

ちょっとした意識で驚くくらい良い球になる事も多いので、

体が開くという場合は、左のヒザの目を意識してスイングして

みましょうね。

もちろん練習をする事が大切で、

練習して慣れてできるようになりましょうね。

それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加