右ワキを開かないスイングを身に付ける!

さて今日は「右ワキを開かないスイングを身に付ける!」
についてです。



スイング中に右ワキが開いてしまっていると
軌道が狂いミスショットになります。



言葉で書くとこの1文になってしまいますが、
実際にテークバックで右ワキが開くという事は、、、、
体の動きから腕が離れて自由に動けるようになるという事で、
体と腕の一体感がなくなり、自分の手で適当に軌道を作る事が
出来てしまうのです。



自分の手で軌道を作る事ができるというと、
少しカッコよく聞えますが、いつも同じ軌道を通す事が
出来なくなるので、常に不安定なスイングになってしまうのです。





右ワキが開く動作、これを改善する事で軌道が安定し、
ミスに直結する手打ちスイングが矯正できるのです。



そして右ワキを開かない練習は、いくつもありますが、
左手で右手をつかんだままスイングしてみましょう。



右手1本でクラブを持ち、左手を右ヒジの上に置きます。
その右ヒジの上に左手を置いた状態をキープしたまま
スイングするのです。

そうする事で、右ワキが開く事も無くなりますし、
右手の余計な動きも抑える事になります。



さらにグリップが常に体の正面にある状態をキープできるので、
体の動きと腕の動きが一体化され安定したスイングになるのです。





ミスが多い場合は、練習でトライしましょう。
まずは素振りで感覚をつかみましょうね。

それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加