一体感のあるスイングを身に付けるテークバック!

さて今日は「一体感のあるスイングを身に付けるテークバック!」
についてです。



スイングで大切なポイントに一体感があります。

腕と体の動きが一体となり、体の回転と腕の動きが同調し、
バラバラな動きをしない事が安定したショットを生み出す
ポイントです。



でも、その一体感を持てない人の多くは、
スイングの最初の動作であるテークバックですでに一体感を
失ってしまっているケースも多いのです。



というのは、テークバックを手だけで上げてしまい
最初から手打ちになっているのです。





もちろん体の動きは回転運動で横の動きですし、
腕の動きはクラブを上げる動きなので縦の動きです。



その為同調というのが難しいのですが、
スイングの最初から別々の動きをしてしまうと
一体感を後から作るのはとても難しいのです。



そこで意識してもらいたいのが、
テークバックでは、この一体感を強く意識してほしいのです。



テークバックから別々の動きをするのはダメと言いましたが
反対に、テークバックでしっかり一体感を持てていれば
意外とスイング中はこの一体感を継続できるのです。



このテークバックで腕と体の動きに一体感を持たせる事が
できる練習が、テークバックで重いものを押す練習です。



テークバックで、最初の20cm程度、
クラブが右足の前にくるくらいまでは、
ヘッドで重いものを後ろに押すようにテークバックするのです。





実際に重いものを置いてテークバックしてみるとわかるのですが、
手だけで動かそうとすると思うように動きません。



しかし、体の回転を意識し、体と腕の一体感を感じたまま動かすと、
楽に動かす事ができるのです。



この一体感を常に感じる事が大切なのです。



もし練習でできるようなら、ヘッドの後ろにペットボトルや
練習場にあるボールを入れるカゴなどを置いて、
実際にテークバックでその置いたものを動かすという
動作をやってみましょう。



体でスイングをするという感覚が理解でき、
そして身に付けられますからね。

それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加