パッティングが即効良くなる大事なコツ!

パッティングでは、方向や距離感などをしっかりと

合わせていきたいものです。







方向と距離感、この2つが大事だという事は

わかっていても、それに注目して練習している人は

とても少ないです。

golf-819522_1280





もちろん上級者と言われる人は、コツコツと練習してますが、

まだまだ100を切れないという人は、この方向と距離感を

意識した練習が足りない場合が多いです。







またパターで大事なこの「方向」と「距離感」が、

いつも不安定になってしまうポイントがあるのです。







それが「緩み」です。







パッティングのインパクトでグリップが緩んでしまうと、

距離のコントロールはうまくできなくなりますし、

方向性も悪くなってしまうのです。







ではどうしてインパクトで緩むのか?というと、

簡単に言うと振りが大きい事が要因になります。







パッティングでは、トップが大きくなると距離のコントロールが

難しくなります。

それはインパクトの強さを手で調節する必要が

出てしまうからです。







手で調節と聞くとよく聞えるかもしれませんが、

要はインパクトが緩んでしまうので、

常に同じパッティングができなくなり、

不安定で調子の波が大きくなるのです。







そのインパクトの緩みを改善できるのが、

小さなスイングです。







パッティングの振り幅をコンパクトに保ち、

インパクト付近ではしっかりとヘッドが加速し

緩みのないインパクトを作る事が大切なのです。







コツは、小さなトップでしっかり打つという事です。







練習では、小さなトップでヘッドを加速させ

しっかりとしたインパクトを作るように心掛けましょう。







緩みのないパッティングができると、

方向性も良くなりますし、もちろん距離感もグッと

良くなります。







普段の練習から小さなスイングを心掛け

緩みのないインパクトを作れるようになりましょうね。



練習は必要です。

必要ですが、小さなトップ、スムーズなヘッドの加速、

そして緩みのないインパクト、これらを意識するだけで

抜群にパットが良くなる場合も多いです。





小さなトップでピシッと打つ、

少し練習するだけで、次回のコースでは劇的に良くなる場合も

あるので、是非とも意識を変えてやってみましょうね。





もちろん最初に書きましたが、練習は必要で、

体におぼえさせる為にも、反復練習が大切です。

何回も繰り返し続けて練習しましょうね。





まずは今日の練習、次回のコースで試してみましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加