ミスの原因がよくわからない時の練習

いろんな練習を取り入れてみた、

いろんな本も読んだ、でもどうも上手く打てない!

という人は案外多いものです。







クラブや腕、体の動きは特に悪いわけではない、

でも当たらない、曲がると感じている人は、

スイングのバランスが悪いのかもしれません。



golf-990376_1920



スイングが安定していない為、

いい時と悪い時が突然やってきて、

さっきのショットは良かったのに

今のショットはダメだったということになるのです。







そんな場合は、「2本スイング」で

安定したスイングを身に付けましょう。







右手、左手にそれぞれ1本ずつ

クラブを持ちます。







両手の間隔をキープしたまま

テークバック、トップ、ダウンスイング、

インパクト、フォロー、フィニッシュと行ってください。







もちろんゆっくりでOKです。







最初の内はそれぞれの位置で止めて間隔が

変わっていないかをチェックしながら

スイングしましょう。







右手のクラブと左手のクラブが

大きく離れたり、また交差してぶつかったりしては

いけません。







左右どちらかの力や意識が強すぎると

ぶつかってしまいます。







両手のバランス、両腕の力加減を保ちながら

スイングを繰り返しましょう。







そしてその後、1本のクラブで普通に打ちます。

スイングが安定していることに気がつくでしょう。







原因がいまいちはっきりしないで

ミスが続く人には効果絶大です。







ミスの原因がよくわからないとか、

いつミスが出るのかよくわからない、

そういう場合は、練習に取り入れてみましょうね。







特に意識としては、最初、アドレスした時の両腕の間隔を

変えないでキープするという意識が大事です。





手打ちになっていたり、腕だけで振ろうとしていると

間隔が変わるので、そのままの形で体の回転をする

というイメージを持つと楽にキープできます。





感覚をつかむと手打ちが改善でき

ショットも安定するので、

是非とも練習してみましょう。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加