どのアイアンでも距離が同じ! ~その2~

さて今日は「どのアイアンでも距離が同じ2!」
という事で、先週も同じ題材についてお話しましたが、
今日は、また別の話です。



先週は、長いクラブでも短いクラブと同じ感覚で
振りましょうね、という話でしたね。



今週は、打つ時のイメージについてです。
参考にしてください。

(済)アイアン距離

アイアンで、どのクラブでも飛距離があまり変わらないと
いう話をよく聞きます。

どのクラブも120yくらいしか飛ばない!
という話は、よく聞きます。



8番でナイスショットが出たら120y、
でも、5番でも6番でも大体同じくらいしか飛ばない
という場合も多いものです。

本来スイングは同じでも、クラブが変われば飛距離が
かわるものです。



9番でスイングすれば、9番の距離が出ますし、
5番でスイングすれば、5番の距離が出るものです。



ただスイング中の力のロスが大きいと、長いクラブほど
飛距離が出ないという事にもなってしまうのです。



8番で打つとロスが少ないので、狙ったとおりの
飛距離が出ます。例えば120y飛ぶとします。

でも5番で打つと、スイングのロスが増えてしまい
同じく120yくらいしか飛ばないのです。





もし自分がそうなっているようなら、
ある意識を持ってスイングするように心掛けてみましょう。

そのある意識とは、
「はらうイメージで打つ!」
という事です。





アイアンは打ち込むイメージが強いですよね。
しかし、打ち込むという意識がスイングのロスを増やしていて
飛距離が出ない原因になっている場合も多いのです。





手打ちになってしまったり、打ち込む事でスピン量が増えて
飛距離が極端に出なくなってしまうという事も多いですし、
何より、余計な力が入る事により効果的にヘッドを活かせていない
という場合もかなり多いのです。





ボールをはらうというイメージに変えるだけで、
驚くくらい楽に飛ぶようになる事も多いのです。



スイングの細かな点もいろいろ考えてしまいますが、
あまり深く考えずに、楽な気持ではらうイメージでスイングして
みましょうね。



しっかり打ち込んで強い球を打とう!と練習してるけど
あまり効果が出ていないなという場合は、
思い切ってアイアンでもはらうイメージで打ってみましょうね。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加