抜群に安定する体重のかけ方のコツ!

スイング中は体重移動が必要です。

ただ体重移動と言っても、アドレス時は、

左右同じくらいに体重がかかっていて、

テークバックからトップにかけて右足に体重が移り、

切り返しからインパクト、フォローにかけて左足に体重が

移ります。

これはいいですよね?

south-korea-womens-open-819524_1280





この左右の体重移動は、大切ですが、

体重移動をしてはいけない方向があります。

それが前後の体重移動です。







スイング中につま先からカカトへ体重移動してしまうと、

軸がブレたり、体が起き上がったり、

また突っ込んでしまったりといい事がありません。







その為にも前後の体重移動は絶対にしないように

練習をする事が大事です。







スイング中はつま先体重が基本です。







その為に効果的な感覚は、

足の指で地面の芝をつまむように立つ事です。







つま先にギュッと体重をかけて、

さらに指で芝をつまむのです。

スイング中は、ずっとこの感覚を大事に

スイングしましょう。







それでも体重がカカトに移る場合は、

つま先体重にして、カカトを少し浮かすようにして

スイングしてみましょう。







靴の中でカカトが微妙に浮くくらい

ほんとに少しでいいのでカカトを浮かして

スイングしてみましょう。







スイング中ずっとつま先体重になり

軸がブレなくなりますからね。







練習する時は、ハーフスイング程度でいいです。

つま先体重、つま先で芝をつまむ、カカトを少し浮かす

この3つを意識してまずは素振りから

練習してみましょうね。







前後の体重移動を行わないという事で

スイングに安定感がでます。







調子が悪い、当たらない、どうも方向がブレる

どうもヘッドが加速しない、スイングに安定感がない

そういう場合は、意外と体重移動が原因だったりする場合も

多いです。







当たり前の事を、たまにチェックして、

本当に当たり前のように出来ているかを

確認しておきましょう。







意外とトップで起き上がりカカト体重になっている場合も

多いですからね。







簡単なチェックでショットが良くなるので、

素振りや練習で必ずチェックしておきましょう。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加