40y、60yのアプローチ!!

アプローチは、ゴルフにおいて非常に重要です。

だからこそ、このスクールメールでも

よく取り上げるのですが、

アプローチが良くなってくると、ゴルフに締まりがでます。

sport-745951_1280





例えば、ティーショットやセカンドでミスになっていても

アプローチが良ければパーやボギーでまとめる事が

できますし、大叩きする事もなくなります。







また、1ホールの最後の部分で納得のショットが

打てる事になるので、ゴルフ全体にいい流れができるのです。







ティーショット、セカンドがまあまあ良くても、

アプローチにミスが出てスコアを崩してしまうと

そのホールは、ミスの多かったホール、

スコアを出せなかったホールとしてネガティブなイメージで

終えてしまいます。







これが重なってくると、スコアも出ませんし、

途中で集中力も途切れ、ミスが当たり前になってしまうのです。







その為にもしっかりとアプローチは練習し、

ナイスアプローチを打てるようになる事が

非常に大事なのです。







練習場では、よく30yや50yの看板があるので

その距離を練習している場合も多いですが、

できればその他に40yや60yも同時に練習し、

コースで使えるようになっておきましょう。







アプローチの基本的な打ち方は下の3つ。

距離に関係なく、基本的な打ち方なので

まずは打ち方を身に付けましょう。







・ハンドファースト

・テークバック、切り返し、インパクトで

フェースを開いたり閉じたりしない

・フォローで手首を返さない

(手首の形はそのまま)







そして、できれば手首をやわらかく使いましょう。

ここまで出来ればいい球が打てるようになります。







そして、次に距離感ですが、

これはあまり神経質になる必要はありません。

練習場の看板で40yや60yがあればいいですが、

大体は30yや50yが多いと思うので、

まずは30y、50yを打つ練習をします。







その時のコツは、トップの大きさやインパクトの強さで

飛距離をコントロールするのではなく、

フォローの大きさで距離感をコントロールしましょう。







この感覚を身に付けるとアプローチでの距離感が

抜群に良くなります。







40y、60yの距離感は、実は適当でOKで

30yより少し大きく、50yより少し大きく、

くらいな感じでOKです。







こんなに適当でいいのか?って思うかもしれませんが、

実際にコースで残り40yってはっきり測定できる場合も

少ないですし、さっきのフォローの感覚が

できるようになってしまうと、後は自分の体が反応した

距離感で打てるようになってくるのです。







だから練習では、30yより少しフォローを大きくする、

50yより少しフォローを大きくするという感じで

打てるようになっておけば大丈夫なのです。







もちろんシングルを狙うという場合はもっと精密に打つ

練習が必要ですが、100前後、100を切りたいという

くらいであれば、これくらい楽に打つ方が結果が良いです。







これくらいの感覚の方が、コースで実際に使えますし、

気持ち的に楽に打てるようになるので、ミスも少なく

寄るようになります。







是非練習でこの感覚を身に付け、

40y、60yという距離を打てるように

なりましょうね。







もちろん練習はたくさんしないといけません。







30y、50yの他、30yより少し大きく40y、

50yより少し大きく60y、という感じで

練習しましょう。







練習で「30yより少し大きく」の感覚、

「50yより少し大きく」の感覚で打てるようになれば、

コースでも使えますからね。







また、これができると30y、40y、50y、60yという

距離は自信を持って打てるようになるのです。







アプローチにおいて、これだけの距離を自信を持って

打てるようになると、かなりスコアになってきます。







簡単な感覚で打てるようになるので

是非とも身に付けましょう。

それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加