谷越えホールはどう攻める?

谷越えのホール、池越えのホール、川越えのホールなど

ティーショットでいきなり大きな障害物があるコースって

ありますよね。

その時あなたはどうしていますか?

golf-171208_1920





どうしていますか?って言われても打つしかないのですが、

何を考えてどう打っていますか?







ちょっとした事で、こういう難しいコースでも

楽に打てるようになります。







その為に絶対にやっておかなければいけないのが、

「距離の確認」です。







何ヤードでその障害物を超えられるのか?って事です。







谷越えなどは、谷の向こうがものすごく遠く見えたりもしますが

距離を聞けば意外とそうでもない場合が多いです。







例えば、ティーグランドのすぐ前から谷になっていて

雄大な景色の為にフェアウェイがものすごく遠く見えるという

コースでも、谷の向こう側までの距離を聞けば意外と短く

120yとか130yくらいだったりする場合が多く、

ただ谷を越えるだけだと100yで十分越えるというケースも

かなりあります。







もちろん200y飛ばないと越えないという場合もありますが、

そんな難しいコースは本当に少ないものです。







また池やバンカーなども同じケースが多いです。







距離自体は、コース案内図などに載っていたり、

キャディさんが教えてくれたりするので、

しっかりと事前に情報収集しておきましょう。







谷を越えようと思ったら、最高のナイスショットを打たないと

届かないかもと思って打つのと、120y打てばいいんだと

思って打つのとでは、その結果が変わってきます。







飛ばさなきゃって思い切り振ったらミスになる事も増えますし、

力みから当たりが悪くなる事も増えますよね。

でも120yだったらPWでも届くじゃんって打てば

かなり楽に振れますよね。



反対に、フェアウェイの横などにあるバンカーや池などは

入らない距離を知っておく事も大切です。





右の大きなバンカーは280y飛ばないと入らないと

わかっていればかなり安心して打てますし、

ティーショットではバンカーの存在を無視してもいいくらいです。





もちろんセカンドショットの事を考えなければいけないので

完全に無視するのはいけないのですが、届かないバンカーに怯えて

ミスをするくらいなら、無視して気楽に打った方がいいのです。





池などもそうです。

左サイドに大きく広がっていると、打てばすぐに入りそうに

思えますが、意外とティーショットでは届かないという

場合もあります。





障害物やハザードまでの距離、それらを超える為の距離など

しっかりと情報を知る事で、ミスを減らす事につながります。





次回のコースですぐに試してみましょうね。





絶対に必要な距離、これを知りましょう。

知るだけでミスを未然に防いでくれますからね。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加