アプローチの根本を身に付ける!

アプローチでは、どうしてもダフリやトップが
出てしまいますよね。



グリーンまわりで、ザックリダフってもう一度アプローチしたり、

トップしてグリーンオーバーになり向こう側から

再度アプローチを打ったなんて経験は誰でもあるものです。





アプローチだけではなく普通のショットもそうですが
ヘッドアップやヘッドダウンだけがトップやダフリの
原因ではありません。



どちらかと言えばヘッドアップ
ヘッドダウンはある原因に対する結果です。



ある原因とは、スイング中に前傾姿勢が崩れて

上体が上下動してしまうのです。



アドレスで作った前傾姿勢ですが、
スイング中に崩れてしまうのです。



特にアプローチのように打ちたい距離をコントロールする
ショットでは、インパクトで力がゆるんだり、
反対に力が入ったり、手打ちになってしまったりする事で
前傾姿勢が崩れる事も多いのです。





また、ボールを上げようとしたり、反対に低い球を
打とうとしたりすることで、前傾姿勢が崩れてしまう
場合もあります。





前傾姿勢が崩れると言うと、多くの人は
自分はできていると言うのですが、
本当に練習ではできている人が多い、

でも、コースに出ると
崩れてしまってミスになっている人も多いのです。





前傾姿勢を崩さない意識をあまり強く持つと
体が固くなりスムーズに振れなくなるので、、、、

意識する点は、1つだけ。

それは、アプローチでも回転運動で打つという事です。



アプローチは短い距離を打つショットの為、

回転運動を意識しないで打つ場合が多いのですが、
回転運動を意識すると、手打ちが改善されたり、

今回の話のように前傾姿勢が無理なくキープできたり
また振り抜きが良くなったり軌道が安定したり
いい事ばかりです。



普段のアプローチの練習から、

回転運動を意識するように心掛けましょうね。


ダフリやトップが多く、何を練習したらいいのか
わからない場合は、まずは回転運動を意識して
打てるようになりましょう。



アプローチの上達は、スコアメイクにも直結しますし、

何よりゴルフの上達を加速してくれます。



しかも、その場その時だけの小手先のテクニックではなく
アプローチの根本をしっかり身に付けられる今回の話は、
ずっと意識して練習して下さいね。





ゴルフの上達にアプローチの上達は
欠かせませんからね。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加